お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

東京皮膚科・形成外科 入谷 英里ブログ

Blog Archives

当院の白石美緒先生がマツコ会議に出演しました!!!

· 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Eri Iritani

もうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、先週の土曜日に日本テレビの

「マツコ会議」に当院の美人・かわいい女医さんである白石先生が

出演されました!!

thumbnail_image

白石先生が長年通っているポールダンス教室に取材が来て、
ダンスしている白石先生にマツコがロックオン!!

「ちょっとその後ろの美女はだれよ~~!?」とはじまり

そこからはもう白石先生のペースにぐいぐい・・・!!笑

最終的にマツコが掘り下げたい議題に白石先生に密着取材を!ということで

当院にまで撮影が入りました!!

院長の池田先生も登場していま~~す

池田欣生

今でしたらちょうど番組HPより白石先生の密着取材が観れますよ!

マツコ会議

いや~ 本当に白石先生はマツコもびっくりのいろんな趣味や楽しみを持っている先生なんです。

私もその前向きでどこまでも飛んでいけそうな開放的な人柄が大好きです。

これだけ素敵で綺麗でポールダンスをこよなく愛し、セクシーショットを

余すとこなく見せてくれるけど実は優秀な一人息子さんがいたり、

ご実家も医師家系であり、お育ちも良いお嬢様!という意外な顔をたくさんもっている先生なんです。

もちろん、人間ですから白石先生だって全く苦労していないわけではないと思うんです。

医師家庭に生まれたお子様が嫌でも背負わされる、「子供は絶対医師にしたい!」という

期待というプレッシャーにつぶされることなく、葛藤を抱えることもあっただろうに、

きちんと医学部に進学し、医師として活躍している現在。

困っている人が助言を求めている人に的確なアドバイスや必要な言葉がでてくるのも

単調な人生を送ってきた人にはできないよね~・・と 白石先生の背中を見て

学ぶところは多いのです。

これから ますますメディアに取り上げられて白石先生の魅力を日本中に拡散されてゆく

日も近いのではないでしょうか!!??

皆様も 是非、白石美緒先生を応援してください!

 

 

 

 

 

目の下PRP

· 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Eri Iritani

今日は目の下のたるみにPRPを注入した患者様です。

PRPとは、ご自身の血液から濃縮された血小板だけを抽出し、

気になる部位へ注入する治療法です。
血小板が持つ、細胞の修復・再生作用により、肌自体を若返らせるアンチエイジング法ですが、最近は、歯科領域では歯周組織再生法(インプラント治療)に使用されるなど他の分野でもPRPのもたらす組織再生作用に着目されてきています。

R0000282
下眼瞼の皮膚・眼輪筋の弛緩による眼窩脂肪が前・下方へと
逸脱してしまってますね。

本来あるべき場所ではなく不適切な部位に構造物が移動してしまうことを

ヘルニアを呼びます。

この方の場合、目の下の脂肪のヘルニアをおこしている状態です。

もちろん原因は加齢ですね。

症状に応じて治療をいくつか用意しております。

記事の続きを読む

患者さんの不適切な要求や希望をかなえるべきか否か!?

· 形成外科 / Plasticsurgery · No Comments · Eri Iritani

来年1月に台北で開催される日本臨床皮膚外科学会の演題を発表してみない?と

お声をかけていただいたのでただいま絶賛、抄録を考えています。

大抵この抄録を書いている時は漠然とした内容のまま提出してしまうので、いざ直前になると全く方向性の違うプレゼン内容になり

あわてて軌道修正しています。。。。

 

普段より症例写真をきちんと撮影する、おや?とひっかかったり珍しいぞ!と思う患者さんや疾患があったらマメにフォローする、などなど 日々の診療から学会発表への事前準備は始まっているという自覚を忘れず仕事しないといけないですね・・・。

2016/ 9/25 2:27

臨床皮膚外科学会はほぼ皮膚科と形成外科の先生で構成されており、

普段日常遭遇するありふれた症状のようで実は注意しないといけない疾患、珍しい皮膚腫瘍、新しい潰瘍の治療から、

全身状態が悪くてどうにもこうにも全身麻酔での手術にもっていけない患者さんの創を局所麻酔下で閉鎖できる手法だったり、

外来手術でこの器具を使うとちょっと便利だよと、いったような

まさに臨床ですぐに実践できる、そこ聞きたい!そこ知りたい!それ便利だね!というような勉強ができるので一般診療で皮膚科や形成外科を診る先生は是非入会されると面白いですよ~!

記事の続きを読む

学会行ってました。

· 形成外科 / Plasticsurgery · No Comments · Eri Iritani

先週は第25回日本形成外科学会基礎学術集会へ出席してきました。

今回のテーマは「基礎から臨床への橋渡し」というテーマです。

我々臨床をメインにしている医師からするとどうしても

基礎研究はおろそかになったり軽んじてしまいがちですが、

基礎なくしては臨床はありえないですし、その逆もまたしかり。
実際にテーマの通り、3Dプリンターの応用による基礎研究に関してだったり、

細胞工学の話をわかりやすく説明してくださる講演があったり、

あとはこれからいやでも時代の中枢を担ってゆく再生医療に関してなどなど、

臨床との関わりを感じられる内容が多く、出席しても実りあったなあ~

良かったな~と思える基礎学会でした。

講習会では柴レイ湯という術後の浮腫を軽減する漢方のお話などあり

さっそく来週から患者さんに説明して処方してみようかと思っています!

IMG_0411

空いた時間に展示場をぐるっと回ったのですが、そこで

ウシのアテロコラーゲンを使った実験材料を展示してあるブースがありまして

こちらの担当の方と少しお話できてコラーゲン研究の第一人者の先生のお話など

聞けて、ちょうど現在自分があたっていた壁が少し越えられそうな気がしてきました・・・。

そういう意味でも収穫の多い学会でした!

記事の続きを読む

眉毛の形も変わった!!

· 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Eri Iritani

 

ここ最近、帰宅後に お役所に提出しなければならない

書類作成に時間をとられて気がつけば深夜3時を回ってしまい

すっかりヘロヘロです。

確定申告などの書類作成や専門医の更新などの書類作成のような

地味に積み上げていけばゴールがやってくるような書類作成は大好きで(笑)

締め切りより2ヶ月前から嬉々としてレシートを分類したり、過去の手術レコードを

ひっくり返したり出席票や参加証を整理して準備しています。

他人の分までやってあげたい!!と思うくらいです。完全に変態ですね。

 

 

が、今作成している書類関連は 来年度の保育園入園関連の書類で・・・

私の住んでいるエリアが全国でも有数の待機児童数を抱え新聞でもしょっちゅう取りざたされて

いる保育園デンジャラスエリアなのです。

提出したからといって必ず報われるものでもない、でも

提出しなければ何の可能性も生まれないのでとにかく提出しなければ!

という不安定な要素ばかりの書類作成は

私にも熱がこもらず

未来への不安ばかり増幅させる作業なので ちょっとパワーを吸い取られています。悲しい~~

さて こちらの患者様は当院の経結膜式眼瞼下垂症手術 LT2点を受けられた方です。

LT2点前

術前です。

最近特に右目の重さが気になる、、とおっしゃっていました。

記事の続きを読む

初めてなので お手柔らかに・・・・

· 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Eri Iritani

美容医療は年々、身近なものになっていっており、高校生から年配の方まで

気軽に施術できるものになってきましたね。

というのも以前はダウンタイムを伴うおおがかりな治療や手術が主体であったものから

低侵襲な治療が数多く開発されてきたため、より気軽に身近に行えるようになってきました。

エステに近いスキンケア治療も含めたらもっともっと幅広くなるので なおさら

何かしらの施術を皆様うけていらっしゃるのではないでしょうか?

 

さて、本日は私のブログを読んでくださっていらっしゃってくださった患者様です。

(なかなか時間がとれないのとブログを書くことに慣れていないのにありがたいです!!)

いままでエステサロンでの美顔のような施術は受けられたことはありますが、

クリニックでの美容の治療ははじめて、という方です。

何事もはじめてのことにチャレンジするときに緊張しない方はいらっしゃないでしょうから

勇気を出していらしてくださったと思います。

顔全体のたるみが気になる、ということでした。

加齢に伴う骨格・軟部組織・皮膚組織の変化を認めます。

いわゆる、目の下のたるみ、深い法令線、フェイスラインの乱れなどを

気にされていらっしゃいました。

初めての患者さまで 効果も期待できるけれども

あまり急激な変化は求めていない、

ダウンタイムは極力少なくしてほしい、痛みが怖い、、、などの

ご希望がある場合は、一番低侵襲な治療であるスキンケア治療を行い、

組織が不足している部位にはヒアルロン酸またはPRP治療、

脂肪組織が増えている部位には脂肪溶解注射を行ってゆくことをお勧めしています。

RIMG0132RIMG0136

↑当院の看板マシンであるトリニティプラスのリフトアップに特化したSTモードで

施術をいたしました。

このあと、目の下(ゴルゴライン)から頬骨部の骨膜上にスタイレージXL 0.6mlを

鈍針で注入しています。

法令線から口角周囲にはスタイレージXL0.4mlと、

スタイレージM1.0mlを注入しています。

RIMG0142RIMG0146

施術直後です。

たるみによる影が減ると顔色が明るく見えて、元気に若々しくみえます。

ごく少しの変化ですが患者様は安心して帰られました!

 

当院のヒアルロン酸は複数取り扱いがありますが、

スタイレージはマンニトールという抗酸化剤を添加した

ヒアルロン酸です。抗酸化剤マンニトールにより

「注射をしているとお肌の老化を予防できる」という利点があります。

BDDEという架橋剤を減らすことができ、腫れなどの副作用も少なくなり

持続期間も増えたそうです。

当院では糸によるリフトアップが人気診療ですが、、、このような気軽にできる治療が

安心して行える方もいらっしゃいます。

気軽なものからダウンタイムを要するものまでご希望に合わせて選べるようにしております!

 

ヒアルロン酸      

施術のリスク・副作用について

・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。

・施術後に、腫れや赤みを伴う場合がありますが、2~5日程度で改善していきます。

・施術直後より、洗顔・お化粧をしていただけます。

・施術日は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。

・注入は医師と状態を確認しながら進めますが、効果の現れ方や注入部位によっては直後に凹凸や左右差を生じる可能性があります。微調整が必要となる場合は、別途料金が発生いたします。

・ごく稀に、感染する場合があります。その場合は、抗菌剤内服にて対応いたします。

・ごく稀に(0.1%未満)ヒアルロン酸に対してアレルギーや血流障害を起こす可能性があります。注入後から翌日まで痛みや腫れ、赤みがある場合は注入後2日以内に来院して下さい。

・ごく稀に、塞栓症を起こす可能性があります。その場合、ヒアルロン酸溶解注射にて対応いたします。

 

教えてミオちゃん!

· Uncategorized · No Comments · Eri Iritani

当院の看板女医、白石美緒先生のポスターができました!!!

14063764_1049442525171536_3361549989608155310_n

お人形さんみたいなルックスの白石美緒先生そっくり!

当院にいらっしゃった患者様が白石先生のツルツル美肌と

学生さんのような若さを維持されているのを見て、

「先生は何をされているのですか??」と質問してゆきます。

そうして先生の施術とされてゆく方 多数・・・!!

13901312_1028479853934470_4866382998510047391_n

ルックスももちろん、内面も素敵なのですよ。

美容医療を受けるにあたって、先生自身が受けられて

お勧めの治療を親身にアドバイスしてくれるので

患者様も安心して施術されていかれますし、もちろん、

絶対それはやらないほうがいいよ!と

はっきりアドバイスされている姿もかっこいいのです。

台北の学会では 真面目な話からくだらない話まで

いろいろおしゃべりしてきました。

懐が広く、どのような方にも公平に接することができる白石先生がもともと好きだったのですが

台北へ行ってからますます大ファンになってしまいました。

(その話はまた今度・・・・)

白石先生には

東京皮膚科・形成外科 銀座院とイーストワン皮膚科・形成外科で会えますよ!

白石先生ブログ

 

 

札幌より皮膚科の先生が見学にいらっしゃいました。

· 形成外科 / Plasticsurgery · No Comments · Eri Iritani

当院の治療を見学に 札幌より皮膚科の竹中ちひろ先生

わざわざ いらっしゃってくださいました!!

到着して早々、「東京暑いですね~~!!」

札幌と比べたら湿度も気温も高くて驚かれたと思います。

きっと夏は快適なんだろうな~・・・・

かくいう私が札幌に行ったのは数年前に1度きり。

しかも12月でブリザード吹き荒れる悪天候の日でして(笑)

ほんの数秒 ホテルの外を歩いただけで遭難した人間になった気分でしたね!

それも良い思い出です。また札幌、遊びにいきたいなあ。

14063729_1044948742287581_4507580834923192513_n

この日は 池田先生の手術三昧の日でしたので なかなか普段、見ることができない

眼瞼下垂の手術やトミーリフト、Jリフトを見学され 非常に新鮮だったようです!

札幌から弾丸日程でお越しになられ、一日中フルで見学をされておりその熱心さに

私もがんばらねば・・・・と反省しました。

ご自身も施術を受けて帰られ ブログでも感想を書いてくださっております。

当院では年数回、同業の医師を対象に公開手術を行っていたりもします。

次は9月末に行われる予定です。

今度は他院の眼瞼下垂の修正術やプライマリーの眼瞼下垂手術など

難易度の高い手術が行われるので盛りだくさんです。

 

ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン製剤)の可能性

· 症例 · No Comments · Eri Iritani

総院長の池田先生は新しい手術や器具の開発にも心血を注がれていらっしゃる偉人ですが、

世界中の学会に出席、招聘され 常に健康と美を永遠に保てる方法を探していらっしゃる

この道のマニアです。

DSC_3293

不老不死を実現させるのはきっと池田先生ではないかと信じております。

さて お肌を赤ちゃんのように若返らせる・・・そんな方法あったら

誰でも教えてほしいですよね!?

実は赤ちゃんの肌と大人の肌にはいろいろ違いがあるのですが、
皮膚の真皮成分であるコラーゲンの形質がまず異なります。

赤ちゃん、特に胎児期にはⅢ型コラーゲンが真皮層に豊富に存在しているのに対し、

成長とともに減少してゆき、Ⅰ型コラーゲンが主な組成になります。

胎児期の傷は治りが良いことが有名ですが、その一因としてⅢ型コラーゲンの多さに

秘密があるのではないか!?と言われています。

日本でもコラーゲン製剤は古くから使用されてきましたが、ブタやウシ由来の製剤であり

常にアレルギー反応を気にしなければなりませんでした。

(皮内テストは必須でしたし、それをクリアしても常にアレルギーを起こすリスクを念頭にいれて

施術しなければなりません)

過去にはヒト由来のコラーゲン製剤も存在しておりましたが、Ⅰ型コラーゲンが主体でした。

現在、Ⅲ型コラーゲンを多く含有するものはベビーコラーゲンが唯一です!

(ベビーコラーゲンではⅠ型とⅢ型が50:50の割合で配合されております)

当院では、池田先生が輸入当初からその効能に興味を惹かれ、積極的に使用してきました。

現在、日本でも屈指のベビーコラーゲン注入件数を誇っており、

日本のみならず海外からも多くの患者様にお越しいただいております。

また、池田先生・白石先生による学会での講演数も数多く、

日本一!・・・と胸を張って言えるのではないでしょうか??

そんなベビーコラーゲンの症例です。

RIMG0012

40代 男性。

右目の下に格子状に刻まれたしわがあります。

こちらにベビーコラーゲンを注射しました。

RIMG00201

シワに沿って 細かく、エンジェニードルで注入してゆきます。

施術直後は一部赤み・凹凸がありますが、数時間~数日で消失します。

コラーゲン製剤のこの独特の肌なじみの良さは、患者さんだけでなく医師の間でも

病みつきになります!!

ヒアルロン酸では凹凸、デコボコしやすい皮膚の薄い部位にも攻められるのです。

名称未設定-2

注入後1ヶ月です。

このように良い状態を維持しております。

肌の拡大像を観察すると面白いことが発見できました。

図1

こちらは先ほどの患者様のベビーコラーゲン注入前の皮膚の拡大像です。

斜走する皺が目立ちますね。

年齢的にも一般的な肌状態かな?と思いました・・・が・・・

注入後2ヶ月目。

図2

斜走する皺ではなく、網目状に走行する皮膚紋理がはっきりしてきましたね。

左下には目印にしていた脂漏性角化症(茶色のイボ)があります。

ちょっとこちらの患者様はもともと汗管腫のような隆起性腫瘤が多い肌質の方でしたので、

逆にそれが目立ってきたようにも思えます。

さて 6ヶ月後では・・・

図3

なんだか皮膚紋理、皮丘が明瞭になってきて、個人的な意見としては・・・

皮膚の血色も良くなったように思えます。

(目印にしていた脂漏性角化症は取れてしまったので

計測していた基準で同一部位であることを確認しました。)

ベビーコラーゲンを注入した方が口を揃えておっしゃるのが

「なんとなく肌質が良くなった気がする」

という この漠然とした なんだかよくわからないけどヒアルロン酸を

注入した時とは違う どことない良さを感じる!という意見です。

肌を拡大して解析してみると 面白い発見がわかりましたね!もしかしたら・・・

これが 俗に言われる「肌のキメが整う」という状態なのでしょうか。

ベビーコラーゲン・・・これはまさに赤ちゃん肌への生まれ変わりをしてくれる

奇跡の注射になるかもしれませんね!?