お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

東京皮膚科・形成外科 入谷 英里ブログ

ヒアルロン酸キャンペーン中です

 

thumbnail_Image

 

ただいま東京皮膚科形成外科品川院限定で

ヒアルロン酸のキャンペーン中です。

図1

普段なら1本1.0ml 88000円のヒアルロン酸を1本1.0ml 19800円にて施術できます!

興味はあるけれども

一体どんなものなのか不安だったり、TVの芸能人のようにパンパンの顔面になるようで

心配だった、という方にむけてチャレンジしやすい金額になっております~。

(注入部位や症状によって他の施術になる可能性がありますが是非一度カウンセリングにお越しください)

すでにヒアルロン酸経験者の方もお待ちしております~~!

 

記事の続きを読む

締め切り目前。

2020-02-05 13.03.31

依頼されている原稿の締め切り目前に業者さんに泣きついているわたくしです。

KAWAKAMI SAN VOLUME CHANGE2

昨年、池田先生がベビーコラーゲンブースターを全顔に注入した患者さんの1ヵ月後経過を

撮影した3Dカメラ(LifeViz)解析をしてもらいました。

黄色に変色しているエリアがボリュームの増えている部分です。

KAWAKAMI SAN VOLUME CHANGE

増えたボリュームも自動で計算してくれてこの3Dカメラ、優秀。

今後も長期経過をフォローしていきたいですね!

さて このほかにもデータをいくつか解析してもらったりなんだりで

大抵、私が煮詰まっているときにヘルプしてくださり

ありがたいです。というわけでがんばろう。そんなぼやきでした。

 

・・・・そうして駅前のカフェで原稿を書いているのですが・・・

隣の席には「医師国家試験問題集」を黙々と解いてる学生さんが!!!!

世の中、国試の時期なんだね。がんばって医師免許もらって研修医になって

医局に入って慢性的に人手不足な大学病院や市中病院を支える人材になるんだぞ~~!!!

とお隣で 小さくエールを送ってみる。

おっと、今の子たちは医局、入らないのかな・・・???

記事の続きを読む

眉下切開の目指すところ

年末に切開系の手術を受けてくださった患者様が1ヶ月後のフォローアップ検診にお越しいただき

ぞくぞくと症例写真が集まってきました~!

ありがとうございます。

こちらの患者様はもともと何度か埋没法で二重の手術は行ってきたのですが・・・

意を決して眉下切開によるたるみとり手術を行うに至りました!

というのも・・・・こちらの患者様、単に二重幅を広げたい、というオーダーだけであれば

全くもって埋没法で十分です。

しかし・・・白い矢印部分をみていただくと 余剰皮膚が二重のライン上に乗ってきてしまい、

むっちりした重さを出してますね。

「いままで埋没法を繰り返してきたけどこのムッチリしたたるみを何とかしたいんです」

というご要望。

DSCF6406.jpg1

これはさすがに埋没法をしても、ここのムッチリは必ずライン上に乗っかってきますし、

むしろ、腫れている間はより目立つこと確実。

・・・となると、たるみとりの手術が最適!!!!

この半年くらい、来院されるたびに何度も何度も相談を繰り返し・・・

この結論にいたりました。

DSCF6406

術前です。

ムッチリ感を醸しだしてる部分に左右差があるので

そこを微調整するようにデザインし

右3mm幅,左2mm幅での皮膚切除量です。

(特に右側は内側の幅を広く取っています)

DSCF6409

術直後です。むくみが強くでていますが・・・

DSCF6911

術後1ヶ月経過です。

いかがでしょうか?特に気にされていた右上眼瞼は、黒目の見える範囲が増え美しいアーモンド型の

瞼裂になりました。

まだ二重ライン上にむくみは残るものの、かなりすっきりしましたね!

眉下の傷の赤みはうっすら目立ちますが・・・術後1ヶ月でこの状態なら

これからますます白く変化してゆき目立たなくなりますね~!

目も開けやすくなったし、メイクも楽にできるようになり、

気にしていたムッチリ部分がすっきりしてうれしい!と

喜んでいただけました。

長く相談して一緒に良い手法はないかを練りに練った上で

踏み切ってくださったので私も本当にうれしいです。

埋没法だけでカバーできることと埋没法だけではうまくいかないことがあります。

そんなときに眉下切開のたるみ取り手術は良い選択肢だとおもいます!

記事の続きを読む