お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科・形成外科 入谷 英里ブログ

コラーゲンブースターの2回目注入

コラーゲンブースターの2回目注入

· 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Eri Iritani

またしても首のベビーコラーゲンブースターの経過ですが、、、

2回目注入後の撮影ができました!

まず・・・

DSCF6452.jpg1

↑施術前↑ です。

まだ30代の方ですが、深い横の皺が2本目立ちますね。

DSCF7801

ベビーコラーゲンとPRPを秘伝の割合で混合した

ベビーコラーゲンブースターを皮下~真皮内へと注入します。

使用する針は、皮下には鈍針カニューレで、

真皮内へはダイレクトにアプローチできる35Gエンジェニードルを

使用しています。

DSCF7808.jpg1

直後はか~な~り ポコポコしていますが、

平均3~5日で平坦になります。

どうしても皺の癒着をはがすように真皮内に注入するので

ポコポコした隆起はできてしまいます。

DSCF6452.jpg1

↑1回目注入後1ヶ月です。

浅くなっている部分と後戻りしている部分とあるので

ここで再度 2回目注入を行っています。

DSCF7976

↑2回目注入後 2週間です!

どうでしょう?

中央から向かって右側は皺が顕著に浅くなっています!!

 

側面からみてみましょう。

右側

 

DSCF6454

 

↑施術前です

DSCF7979

↑2回目注入後

いいですね~~!かなりフラットに近くなっています。

 

左側

 

DSCF6455

↑施術前

こちらの皺のほうが深いですね

DSCF7978

↑2回目施術後です。

確かにこちらのほうが深い皺だったのですが、

真皮内へとかなりポコポコ隆起させるように注入したおかげで

まずまず浅くなってきてますね。

こちらのエリアは3回目注入もさせてもらおうかな?と計画中です。

ここ数年ベビーコラーゲンはあらゆる部位やあらゆる手法で

使ってみて、文字通り心血注いでいるのですが、

PRPとのコンビネーションは安全性の面でも安心ですし、

あらゆる部位へアプローチできてこれから積極的に使っていきたい!!と

思っています!

2019年の流行語大賞はベビーコラーゲンブースターになるように

がんばります~!

施術のリスク・副作用について

・内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。

・施術後に、腫れや赤みを伴う場合がありますが、2~5日程度で改善していきます。

・施術直後より、洗顔・お化粧をしていただけます。

・施術日は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。

・注入は医師と状態を確認しながら進めますが、効果の現れ方や注入部位によっては直後に凹凸や左右差を生じる可能性があります。微調整が必要となる場合は、別途料金が発生いたします。

・ごく稀に、感染する場合があります。その場合は、抗菌剤内服にて対応いたします。