お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科・形成外科 入谷 英里ブログ

韓国出張~切らない乳房挙上術編~

韓国出張~切らない乳房挙上術編~

この週末は韓国でのセミナーに弾丸日程で参加してまいりましたよ~~!

以前からすっごくすっごく気になっていた切らないバストアップ(乳房挙上術)を

見学させてくれるというので諸手を挙げて参加してきました!

Processed with MOLDIV

整形大国 韓国でも屈指の美容外科、BIO美容外科の朴先生です。

もうね、、結論からいうと 行ってよかった。その一言に尽きます。

乳房以外にも顔面のスレッドリフトと脂肪吸引の併用症例も見せていただけました。

朴先生、非常に日本語がお上手なうえに華麗なる手さばき!

いや~、洗練された匠の技はさすが20年近いキャリアのなせる技です。

手術室も大学病院クラスでワンフロアに15室くらい全身麻酔も対応できるレベルの

部屋がずらり並び、言葉を失いました・・・!!!

(なにせ7階建ての立派な巨大ビルのフロアすべて、こちらのクリニックで占拠されています!規模が違う・・・。)

 

さて、欧米人にはバストのボリュームが多すぎて不自由で仕方ないので

切除、縮小してほしい!!!という患者様も多いですし、その術式も多岐にわたります。

a2016_02_01_03

一方、小柄で華奢なアジア人では・・・超巨大な乳房に困っている人、

いるにはいますが、そりゃ二重にしたいとか鼻を高くしたい、という患者様の数に比べて

格段にすくないです。

ただ、小ぶりなくせに下垂している(その原因はクーパー靭帯のゆるみなどなのですが)

という方はめちゃくちゃ多いはずです。

切除してどうの、というほどではないにせよ

気軽に施術できてバストアップできたらいいのになあ、という

潜在的な需要は絶対あるはず!!!

 

なのに なかなか日本にスレッドを使った乳房挙上術が上陸してこないし普及してこない。

一体どういうことだ?という疑念もあり もうこりゃ実際やっている先生に聞かなきゃわからん!!!というわけで鼻息荒く参加してきちゃったんです。

結論からいうと、、、

朴先生も「現在、模索中です」

DSCF2337

うむ。そりゃそうだ。

乳房の下垂は皮膚、脂肪層、筋層、クーパー靭帯のゆるみ、体重の急激な増減、などなど

要因が複雑ですよね。なのでどの症例にどの程度の施術ができるか、そのレベルまで

引き上げられるのか、あとは最大のネックとなるスレッドのひきつれやへこみを

どこまでコントロールできるのか

患者さん個人個人によって大きく変わってくるんじゃないのでしょうか。

画一的なプロトコールができていなくて当然です。朴先生も試行錯誤の最中なんだろうなと思います。

ただ、少ないながらもこの術式がぴたっとくる方もいるんじゃないのでしょうか???

・・・すっごく痛そうですが・・・!!笑

(なにせ静脈麻酔必須ですし、術後も痛いんだろうなあ・・・)

Processed with MOLDIV

最後に朴先生を囲んでみんなでパチリ!

豊洲の貴公子!?こと豊洲佐藤クリニックの佐藤先生、

名古屋のにしやま形成外科皮ふ科クリニックの西山先生、

開業準備中の増田先生、

今回、銀座院の松宮先生も一緒でしたよ!

2019-05-13 10.07.43

待ち時間も活発に製剤情報を交換したり、他クリニックでのトラブル症例の共有を

できたり、非常に勉強になりました。

そうして・・・美容整形大国である韓国が日本のお隣にあるのってとんでもないアドバンテージなんじゃないかしら!?!?

いっぱい刺激を受けてトンボ帰りで帰国しました。

またチャンスがあったら韓国のドクターのセミナーに行こう!!!

 

2019-05-12 13.39.03

街中にあふれる美容外科クリニックの広告(笑)↑

モデルさんの不自然な首のかしげ方がうける~~!!

こんなんばっかですよ~!