お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

東京皮膚科・形成外科 入谷 英里ブログ

鼻翼縮小の患者様です!

鼻翼縮小の患者様です!

· NEW · No Comments · Eri Iritani

他院にて糸による切らない小鼻縮小の手術を受けられて違和感が強く、結局、

糸を除去してもらったという患者様です。

その後、鼻尖形成などを施術され、やはり再び鼻翼の横方向への張り出しが

気になっている患者様です。

RIMG0023

鼻根部にはヒアルロン酸が注入されており、

鼻腔縁も鼻尖形成の術後の瘢痕が残っている方です。

RIMG00231

鼻柱と鼻翼が同じ高さにあり、ノッペリした印象になっています。

個人的には鼻柱はもっと下方に長いほうがシャープでかっこいいので好みです(笑)

RIMG0027

全体的に鼻の組織が厚く、典型的なアジア人の鼻!という印象です。

RIMG0035

横方向への鼻翼の張り出しを軽減したいという目的と、

鼻腔の左右差があるので揃えたいというご要望がありました。

RIMG0036

鼻翼縮小はいくつも術式があり、希望する形状により

選択する方法を変える必要があります。

こちらの方は単純に外側法と呼ばれる

鼻腔底から外側の鼻翼の全層切除を行う手法にいたしました。

もともと左右差があるのでそちらを揃えるために

右は4mm、左は5mmの切除量です。

RIMG0046

RIMG0044

術直後です。

RIMG0005

手術の次の日にいらしていただけました。

抜糸は1週間です。

RIMG0007

もともと他院での手術歴があるので瘢痕組織で

鼻全体が硬い組織へ置換されていました。

なかなかこういう方は切らない手術では効果が乏しいことが多いのです。

鼻腔の左右差も解消されましたね!

個人的にはもっと鼻尖をシャープにしたいですが、、、

ここは他院ですでに手術済みですので 皮下は瘢痕組織だらけだと思われます。

なので当院独自の鼻専用の注射があるので こちらで変化を少しづつだしていこうかと

思っています。

他にも単純な鼻翼切除だけでなく、

鼻腔底をしっかり引き寄せる手法を組み合わせることもありますし、

鼻腔底だけ切除する内側切除という手法もありますし、

耳介軟骨の移植を組み合わせることもございます。

いくつか患者様のご希望に合わせて方法を選べますので是非一度ご相談に

いらしてください!!

鼻翼縮小術   施術のリスク・副作用について

・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。

・腫れは個人差がありますが、手術直後は、腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは2日~1週間程度です。

・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月から半年程度かかります。

・内出血がごく稀に起きる可能性があります。

・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。

・手術直後は、異物感・つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。

・過度の後戻り、微妙な左右差の場合は、再手術(修正)になることがあります。

・手術当日は、洗顔をお控え下さい。

・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。

・手術後7日間は、鼻翼周りのお化粧はお控え下さい。

・鼻孔が狭くなることで息苦しくなる場合があります.

・縫合部は半年から1年かけて目立ちにくくなりますが体質で凹凸が目立ったり

ケロイドのようになる方もいます。