お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅直結の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

東京皮膚科・形成外科 奥野公成 超皮膚科学

頭のイボを取ってもそこにはまた毛が生える。

頭のイボを取ってもそこにはまた毛が生える。

· 奥野公成 · NEW, 毛髪 · No Comments · Kosei Okuno

頭を洗っているときに、ふと手で盛り上がったイボを触れることはありませんか?

中高年の方に多いのではないでしょうか。

顔も頭も体も、何かが盛り上がってくると気になり触りたくなりますよね。

自分という人間が成長しなくなっても、いらないイボは毎年成長していきます。

出っ張って盛り上がった瞬間に罪深いもの?になります。

どこか人間界と似てますね。

さて、今回は脂漏性角化症という非常によくある良性加齢性のイボを炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)でとった方の経過を紹介致します。

部位は頭です。

一番心配なのは髪の毛がまた生えてくるかどうかですよね。

イボをとっても大きなハゲが残ったら見た目が悪くなりますから。

結論ですが、毛はまた生えてきますのでご安心ください。

毛がまた生える理由は、この脂漏性角化症という良性のイボは根っこが浅いからです。

ですから毛を作っているやや深い大事な層まで焼く必要がないのです。

ちなみに、下記の写真からも分かるように、腫瘍自体からも毛が生えていますよね。

この腫瘍が毛根を破壊していない証拠です。

 

治療の詳細ですが、歯医者さんで使っているのと同じ局所麻酔注射をイボの部位のみに注射して、その後に炭酸ガスレーザーでジューっと焼くだけです。

写真のような大きなイボでも5~10分ほどで終わります。

このくらいの大きさのイボだと、料金は込み込みで約2万円です。

では順を追って写真をお見せしたいと思います。

 

 

初日(患者さんが毛のことを心配されてましたので3分の1だけ焼きました。よく見ると焼いた部分にも毛が見えます。深く焼いてないので。)

 

初日から1か月半後(焼いた部位に毛が生えているのを確認し、患者さんに安心していただいたところで残りを全て焼きました。)

 

初日から約2か月後(焼いた部位全体に毛が生えています。盛り上がりは完全になくなり、平らになりました。)

よく見ると端の部分が少し灰色になってますね。

焼いたことによる色素沈着か取り残しなのだと思います。

しかし、もし取り残しだとしてもこの腫瘍がまた焼く前と同じ大きさに戻るには非常に長い年月がかかりますから、すぐの追加照射はしない予定です。

中高年の方ですと、これで人生を逃げ切れるでしょうから。

通常は、気になる出っ張りがなくなって毛が再び生えれば、皆さん満足されます。

ちなみに、赤みは数か月、色素沈着は半年ほどでなくなります。

頭は髪があるので、皮膚が何色でも見えませんが。

 

追伸ですが、治療初日から3ヶ月後には下記のようになっていました。

もうどこにイボがあったのかもわからないくらいで、場所を患者さんに教えてもらったくらいです。

毛もしっかり生えています。

治療2ヶ月後に残っていた灰色は消えてしまったので、色素沈着だったのだと思います。

 

 

写真で治療の経過を追い、焼いた直後の傷と傷が治った最後の状態を見ると、普段自分が頭のイボではどの深さまで焼いてどのくらい取り残しているのかがよく分かります。

少しだけ自分にフィードバックができました。

顔のイボだと取り残しは外からはっきり見えてしまうので、もう少しだけ深く焼きます。

頭は髪の毛がハゲてしまう問題がありますし、顔のホクロ除去は傷あとの問題があるので、炭酸ガスレーザーでの処置は無難に焼くのがよいと思っています。

頭のイボでお悩みの方がおりましたらいつでも気軽にご相談ください。