お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅直結の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科・形成外科 奥野公成 超皮膚科学

myプロフィール

· プライベート · No Comments

家でのんびりとした休日を過ごしていました。

 

今日は自分のことを少し紹介したいと思います。

今のクリニックに勤務して4か月半経ちましたが、一緒に働いているスタッフですら僕について知らない部分は多いのではないかと思います。

 

41歳男性の日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で、医者16年目、皮膚科医としてのキャリアは15年目です。美容皮膚科(自費診療、男女とも)と、日本皮膚科学会の治療方針を基本とした一般皮膚科(保険診療)を得意としています。

美容皮膚科では、特にシミ治療、ヒアルロン酸・ボトックス注入によるしわ・くぼみ治療・輪郭形成、毛髪治療の3つが得意で興味があります。一般皮膚科では皮膚外科が得意で興味があります。

品川・銀座の方にスマートな、質の高い皮膚科・美容医療を提供したいと思っています。

 

出身地は岩手県で、実家は医療とは関係のない自営業(会社ではない)で、静岡県の医大を卒業した後、都内の大学病院の一般内科・内分泌内科を経由して、26歳から大学病院皮膚科医局に所属し、皮膚科医としての人生を始めました。

総合的な皮膚科・美容医療を目指しました。

8年間皮膚科医局人事で過ごし、その後都内の美容皮膚科、美容外科、東洋医学、白斑、下肢静脈瘤、毛髪(植毛まで)、美容内科など様々なクリニックを掛け持ち勤務し、多くの先生方・スタッフ・患者さんとお会いしてきました。

地方での保険診療は、つらいことも多かったのですが、幸いよい上司に恵まれ、ジェネラルな知識を作る上でとてもよい下積み時代になりました。その地道な時代が、都会の皮膚科医になった今の自分を支えています。上司たちにはとても感謝しています。臨床だけではなく、学会・論文等の指導でも本当にお世話になりました。

大概の病気はなんだかんだで老人になってから生じるので、都心の皮膚科医になった今はもう診ることがない病気も多いだろうなと時折感じています。

 

30歳頃から、マイナスをゼロに近づける医療ではなく、ゼロをプラスにする新しい世界・分野にふつふつと興味が湧いてきました。

無意識のうちに美容やアンチエイジングに興味をもっていたのだと思います。

患者さんに、一般皮膚科医+アルファの一味違う医療を提供したいと考えていました。今は主に自由診療を通じてそれを体現しています。

 

皮膚科は身近な診療科で、患者さんや自分の外観をケアすることで外観の健康美を支え、人生を前向きに明るく生きる手伝いをできることがやりがいだと思っています。

今の仕事がとても好きな理由は、おそらく人の喜ぶ顔をダイレクトに見ることができるからです。

しかしその一方、皮膚は患者さんからも見えるので、よくなったかならないかごまかすことはできないシビアさはあります。

医療にしかできない素晴らしいサービスを多くの人に知らせ、一度経験していただきたいです。

そのための説明はしっかり丁寧に行います。

でも普通の皮膚病の方も気楽にいらしてください。保険診療だけの方も多いですから。高いものを強くすすめることは決してありませんので。

電車に乗っていると、目の前に座っている皮膚病の人に声をかけたくなります。しかし不審な人と思われるのでじっとこらえています。僕に声をかけられたらその人にとってプラスになるという気持ちは、いささか傲慢なのかもしれませんし。

人生は知っているか知らないか、一歩目を踏み出せる一歩目力があるかどうかだけの差です。リスクの少ないものを味見して湯加減を見ることで、人生は大きく変わります。でも合わなければ続けなくてよいと思っています。

「病気・けがの治療+美容治療」による「物心とも豊かな人生の体現」が目標です。

DSCF1298

 

他の皮膚科医より勝っていることは、多くの形成外科医・美容外科医と交流してきたことで、一般的な皮膚科医より美容・皮膚疾患等、体表医療の一歩突っ込んだ情報を提供できる点だと思います。

例えば、アトピーやニキビの方であれば、黒・茶・赤・凹凸等の痕を治すところまでを目標としています。

妙な言い方ですが、一般的な皮膚科医が知らない知識をもち、かつ一般的な形成外科医が知らない美容・体表医療の知識をもっているとも言えます。

 

私生活ですが、子供の頃からスポーツは好きで、サッカー部、ラグビー部、ボート部などに中、高、大で所属していました。実は男くさくて、女性の患者様ごめんなさい。今も趣味はジム通い、ウォーキング・ジョギング(夜)なので、身体を動かすことは好きです。この仕事についてから日焼けしないようになりましたが。

心身の内科的健康が美容の土台にあるというのが僕の基本スタンスです。医者になりその考えはさらに強まりました。

他に趣味と言えるような趣味はなく、最近は家でも仕事関係の本やDVDを見ていることが多いです。強いて挙げるなら、勉強法を勉強することも趣味かもしれません。。。

評価は分かれるかもしれませんが、自分の余暇ではなく、自分の起きている時間の大半を占める医者の時間を有意義に心地よく過ごせたらよいなと思っています。

DSCF1312

 

子供の頃耳にした言葉に、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。」というものがあります。

人間とは、年をとればとるほど、本来の自分の姿に近づき、会う運命の人に会っていくのかもしれません。

子供時代や学生時代は全く予想していなかった今の自分になっているのですが、患者さん・池田院長・他のスタッフとの出会いを大事にし、患者さんの前で最高のパフォーマンスを発揮できるよう自分を管理していきたいと思います。