お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科クリニック 入谷 英里ブログ

Month: 7月 2017

大感謝です。

· About me · No Comments · Eri Iritani

本日7月26日水曜日を最後に 一度 私が産休に入ってしまうので

スタッフがお祝いをしてくれました。

IMG_1275

2015年6月からこちらに勤務し、約2年!!

池田先生をはじめ多くの先生方に

ご指導いただき、スタッフのみんなにも親切にしてもらい

時には私の練習台やモニターとして身体を貸してもらい

感謝ばかりです。

IMG_1276

みんなの協力のおかげで たくさんの症例を集めることもできましたし

ご家族やご友人をご紹介しただいたりもしました。

そうして・・・

以前のクリニック時代より来院してくださっている方、

イーストワン皮膚科形成外科ではじめてお会いし 定期的に通院してくださっている方、

すべての患者様にも 大変感謝しております。

良い結果を出せるにはどうしたらよいのか長い時間かけて

診療方針について一緒に悩んだ患者様や

詳しい検査などが必要で総合病院をご紹介になった患者様、

なぜか毎回お酒を差し入れしてくださる患者様(笑)などなど

多くの患者様との 充実した思い出ばかりです。

 

そうして・・・モニターの患者様で写真撮影を逃してしまった方が何名か

いらっしゃるので!!!!

私 不在時でも撮影はおこなっておりますので是非来院してください~!

来年には復帰を検討しているので またよろしくお願いいたします。

(ブログは アップし損ねた症例写真を産休中に

ちょこちょこアップするかもしれません。

あとは最後の仕事!?として美容皮膚科学会に演題を出しているので

這ってでも大阪にいかねばならないので・・・

その話などもアップするかと思います。。)

術後の経過などで気になることなどあれば クリニックにご連絡いただければ

可能な限り対応いたしますので 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

暑くてすっかり干上がってますが、今日は院内勉強会。

· 形成外科 / Plasticsurgery · No Comments · Eri Iritani

 

暑い・・・暑いです・・・・。ふやけてしまいそうです・・・。

皆様 体調はいかがでしょうか?

品川はオフィス街なので会社員の方の勤務時間は

クリニックの患者様の数がぐっと減少します。

(逆に帰宅時間の18時以降がやたらと混みます。)

 

今日はそんな空いた時間に皮膚科の奥野先生達と不定期に開催される院内勉強会を

おこなってました。

IMG_1922

 

興味深い文献をいただいたので奥野先生に英文を翻訳してもらいまして、、(笑)

こんなテーマの文献でした。

「長年 ヒアルロン酸を注入し続けても大丈夫なの??」

記事の続きを読む

年々重くなる目には・・・

· 形成外科 / Plasticsurgery, 症例 · No Comments · Eri Iritani

お世話になっている業者さんよりご紹介いただきました。

ありがとうございます。

(最近 以前、一緒に働いていた他科の先生よりご紹介も増えており

大変感謝しております。)

幼少時より「もともと重い目で 視野は狭かったですね~ でも年をとるにつれて

年々、症状が強くなってきている気がします。」とおっしゃっている患者様です。

もともと軽い先天性の眼瞼下垂がベースに存在する方が

年齢を重ねて加齢にともなう眼瞼下垂症も出てきて

よりまぶたが重くあけにくく、たるみもでてきてしまったという方は少なくありません。

(もちろん重度の先天性眼瞼下垂症は 手術方法が変わりますので

総合病院をご紹介しております。)

RIMG0067

もともとまぶたは厚みがあったようなのですが、

「もうすこしすっきりさせたい、でも、

男性だし、長年の顔からガラリと変わってしまって

二重も幅広く外人さんのようになったり、

キラキラした目!?には 恥ずかしいのでならないでいいんです」という

ご希望をおっしゃっておりました。

記事の続きを読む

皮膚科医のちょっとイイ話

· 皮膚科 / Dermatology · No Comments · Eri Iritani

じめじめ湿度もMAX、気温も指数関数的に急上昇の東京です。
こういう時期に突入すると途端に増える患者さん、水虫!!!!

夏は皮膚科の繁忙期といいますが 当院も先月から水虫の患者さんはじめ

虫刺され、やら あせも、やら 各種皮膚科疾患のオンパレードになってきました。

当院の皮膚科専門医 奥野先生も大忙しです。

RIMG0053

顕微鏡の見すぎで眼がショボショボしてきたよ~!!と

泣いている奥野先生が 空いた時間でちょっとイイ話をしてくれました!!

 

水虫の原因であるカビ、真菌。

3

感染しやすい部位は 足や足の爪、陰部などですが、

手には 感染しにくいんですよ。何でだかわかります!?!?

手は 大抵露出している部位なので湿度があがりにくいのですし

よく手洗いする場所なので 清潔にしやすい場所なんですよね。

足や陰部はジメジメして湿度が高くて まさに

カビが大好きな環境が揃ってしまいやすいのです。

RIMG0055

しかも 感染する時は、大抵 細かい皮膚の傷から侵入してきます。

その感染が成立するのに最短で12時間!

傷のない方ですと24時間と言われています。

このゴールデンタイム以内にきちんと足を洗えれば 侵入をかわせるのです。

てっきり 不潔なバスマットやジム、あかすりのマットなどで簡単に

感染してしまうようなイメージがありますが・・・・

しっかり毎日足を洗うことで水虫を予防できるのです!!!!

そうして 水虫の治療を開始すると表面的な皮膚の皮むけが

よくなると 自己判断で薬をやめてしまう方が多いですが・・・

最低でも3ヶ月はがんばりましょう。

水虫が皮膚の最深部に存在している場合 ターンオーバーを考慮すると

3ヶ月は内服・外用は必要です!

そこで 中断してしまうと残った真菌が再び繁殖して

また湿度の高い夏に症状がぶりかえし

「毎年夏になると悪くなるんですよ~」と戻ってくることになるのです。

RIMG0040

なので・・・皆様も!

ジメジメのこの時期は

足を毎日よく洗う!

湿度の高い環境にしない!!(下駄なんか最高ですね)

これで さよなら水虫の脅威!

↑写真は 季節ごとに変化するイーストワンタワーの展示です(笑)