ローディング中
下眼瞼 グラマラス

下眼瞼 グラマラス

下眼瞼 グラマラス

こんな方にお勧め

  • 目の下のクマが気になる方
  • 皮膚を切らずに、脂肪を除去したい方
  • 目の下のたるみをなくしたい方
  • 涙袋をはっきりさせたい方
  • 目袋が大きい方

下眼瞼 グラマラスの施術内容

下まぶたは、加齢により皮膚や眼輪筋の張りが失われることで、目袋ができていきます。目袋の様に垂れ下がったような膨らみがあることで、年齢よりも老けた印象、目元が疲れて見えることがあります。

 
  目袋の様に下がってきた眼窩脂肪を、下まぶたの結膜側から除去することで、目の下の根本的な治療になります。また、ヒアルロン酸で涙袋を形成している方がほとんどですが、眼輪筋が徐々に下がってくるので同時に、眼輪筋の引き上げることで涙袋形成を行います。ヒアルロン酸を注入しなくても自然な涙袋を形成することができます。

 
  皮膚のたるみがある場合に関しては、皮膚切除を一緒に施術することをお勧めします。 皮膚のたるみがない方は、下まぶたの結膜側から手術をするので、手術当日からお化粧することができます。 どちらの方法が適しているかは、診察し手術内容を決めさせていただきます。

 
  下まぶた皮膚は薄いため、同時にPRPの治療をすることをお勧めします。

下眼瞼 グラマラスの施術・手術当日の流れ

手術をご希望の方は、事前にカウンセリングを行い、手術内容を決めていただきます。
手術は、ご予約制となります。

 

1. 洗顔・コンタクトレンズを外していただきます。
2. カウンセリングを行い、手術内容の確認を行います。
3. お会計
4. 手術 60~90分程度で終了します。
・局所麻酔(35Gの極細針)と点眼薬の麻酔を使用してから手術を始めます。

 皮膚切開なし:下眼瞼の結膜側から眼窩脂肪除去を行い、眼輪筋引き上げ涙袋形成をします。
 皮膚切開あり;デザイン通りに下眼瞼の皮膚切開します。
        眼窩脂肪除去を行い、眼輪筋引き上げ涙袋形成をします。
        下眼瞼の切開部位を縫合します。

5. お薬をお渡ししお帰りいただきます。 

 皮膚切開なし:2週間後に、経過観察のため再度ご来院ください。
 皮膚切開あり;翌日に消毒・1週間後に抜糸がありますので再度ご来院ください。

下眼瞼 グラマラスの手術のリスク・副作用について

  • 麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。
  • 腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで
  • 徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。
  • 術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。
  • 内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。
  • 感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。
  • 下まぶたの皮膚の状態により、ごく稀に皮膚側に針穴が開く可能性があります。
  • 手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。
  • 手術当日は、洗顔をお控え下さい。
  • 手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。
    手術後1週間は、コンタクトレンズはお控え下さい。

皮膚切開の場合のみ

  • 手術後1週間(抜糸まで)は、切開部位のお化粧はお控え下さい。
  • 傷跡の赤みは、個人差がありますが1年程度で徐々に薄くなっていきます。
  • ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

施術料金

別途で診察代¥1,000かかります。

※料金は全て税抜きです。

CONTACTお問い合わせ

健やかに美しく

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医と
日本形成外科学会認定形成外科専門医が
いずれも在籍している医療機関です。

page top