お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

NEW

水素点滴

· NEW, 学会活動, 若さは知性 · No Comments · Yoshio Ikeda

水素点滴とは、点滴の中に水素を溶解させて血中に取り込ませる、

水素治療のなかの一種です。

水素点滴

多くの病気は活性酸素が原因と言われていますし、

老化にも活性酸素が関わっていることがわかってきています。

水素はこの活性酸素を消去する抗酸化作用が強力である事が近年発見されために

健康維持、病気予防、老化予防への利用がはじまっています。

IMG_1265
水素点滴は水素を直接大量に体内に取り込ませることができるため、

効き目の早さにメリットがあります。

実際、点滴を終えた時点で疲れが取れたと実感する人が多いよう。

DSC_0092

それぞれの症状に合わせた点滴に水素をプラスして点滴をおこなうのですが、

イーストワン皮膚科・形成外科では奥野先生オリジナルの

悪魔の点滴(疲れを癒すビタミン剤各種を配合した点滴です)

に組み合わせた、悪魔の水素点滴!!が人気のようで、

僕も週に1回おこなうことにしました。

IMG_1175

その理由は。

先日銀座院に来てプレゼンをされたオランダ製のアンチエイジング測定値で

僕の体内年齢が

 

 

なんと

 

 

なんと

 

 

61歳ということが判明!!(涙)

 

IMG_1181

やはり見た目のアンチエイジングだけではダメということか。

昨年に若者としては(笑)ありえない肺炎という病気に

かかった理由がわかります。

F58E5B6C-BFA9-474F-800D-CECBAE207001

退院後から1年間、体には気を付けていたつもりですが、

やはり再生医療等で見かけが若い分、

無理をしてしまっているのでしょう。

IMG_1189

一方銀座院アンチエイジング内科部長青木晃先生の体内年齢は

35歳!!

さすがです!!!

というわけで改めて青木晃先生に主治医をお願いすると同時に

この体内年齢測定装置を購入して

見かけだけでなくどこまで内面も若返らせるかを

追求することにしました。

8E9F8B8C-F0B1-42DD-8ECE-71C48141AB77

体内年齢測定装置は国内でも開発が進んでいるようなので、

開発され次第、導入していくことにしますね。

すべては患者様のため(自分も患者の一人ですが笑)

病気予防のためには外見だけでなく、内面のアンチエイジングも大事。

1489294968150

え!?

あんな元気だったあの人がそんな病気に!?

なんてことにならないようにするために、

美容辞書読者の皆様も水素点滴、是非試してみてくださいね。

美容医療ハンズオンフォーラム

· NEW, 学会活動 · No Comments · Yoshio Ikeda

日曜日はイーストワン皮膚科・形成外科で

美容医療ハンズオンフォーラムを開催しました。

1489294968150

このフォーラムはもともと関東美容医師会という会で

桜の季節に海外の有名な先生を日本にお呼びして

お花見をしながら世界の美容医療を学ぼうよ、といった会が前身です。

とても楽しい桜の会だったのですが、

昨年から急に参加したい海外の有名な先生が増えたので

もったいないので正式な勉強会になってしまいました(泣)

DSC03487-300x200

昨年の様子。アメリカからドクターハレルや

韓国の先生がいらっしゃり

ベビーコラーゲン療法やベビーフェイシャル療法の

ライブサージャリーを行いました。

DSC_5725-300x200

昨年はベビー製剤の力を借りて

細胞レベルで若くできる治療が日本に上陸したのです。

1489294980383

今年はフランス、ドイツ、イスラエル、韓国、日本!!

多国籍の美容大国からの発表。

興味深い発表のオンパレードでした。

_20170309_161417

今は世界的に美容医療が流行していっています。

より安心で安全な美容医療を世界中の先生方と

追求していきたいと思います。

DSC_0028

今回はあきこクリニックの田中先生の

スレッドリフトのライブもあり、とても勉強になりました。

田中先生、ありがとうございました。

DSC_0029

僕はベビーペプチド療法、上眼瞼のアートメイク、

エアリフトのライブ。そして

Print Print

赤くならないしみ治療、ダーマドック療法の発表をおこないました。

こちらは症例を重ねてまた発表していきたいと思います。

DSC_0016

今週末から2週連続で韓国での講演。

今年は体を壊さない様に頑張りたいと思います。

 

 

 

 

JAASアカデミー

· NEW, 学会活動 · No Comments · Yoshio Ikeda

_20170309_161417

_20170309_161450

今週日曜日、当院でJAASアカデミーが開催されます。

今回のライブフォーラムはイスラエルや韓国、フランス、

ドイツから先生や研究者たちがいらっしゃいます。

日本で流行している美容医療が海外ではどのように流行しているか?

等を聞くことが出来る貴重な機会となりそうです。

Print

Print

当院では赤くならずに塗るだけでしみの治療ができる

ダーマドック療法を発表する予定です。

今週日曜日、美容医療関係の皆様はぜひチェックしに

来てくださいな。

2017年の美容医療3

· NEW, 症例, 皮膚科 / Dermatology · No Comments · Yoshio Ikeda

2017年の美容医療2の続きです。

さて、その前に医療関係の皆様から非常にお問い合わせが多い

日本初で未来の美容医療、

僕自身の毛髪インプラントの結果を発表します。

IMG_20170221_124621

上が施術前で下が施術後3日目です。

ナチュラルすぎて自己満の治療もしますが、

自己満で上等(笑)。

最近20代と40代の顔を僅かな差しかないことがわかってきたので

僕も僅かな差にこだわることにしたのです。

今年も永遠の30代を目指して頑張っていきたいと思います。

170312

さて本題に戻ります。

2017年の美容医療。

3つ目は東京皮膚科形成外科の看板メニューの切らない眼瞼下垂手術です。

「眼瞼下垂は切らないと治せないよ。」

と言われる先生は多いと思われますが、

大昔は「二重まぶた手術も切らないと治せないよ。」

と言われていたのです。

切らない眼瞼下垂手術は腫れも少なく、

良い結果が出るために口コミで最近すごく手術が増えています。

0011

理由は昨年末にさらに進化したこと。

最近外国人の患者様が増えており、コミュニケーションがとりにくく、

全く腫れないようにミューラー筋を引き締めたあと、(NSLT法)

鏡の前で二重のラインを決めてもらう術式に改良しました。

 

これがなんと日本人にも大人気。

術前のカウンセリングがどんなに上手でも、

手術中にどんなに優しくしてくれる先生だったとしても

腫れが結果が患者様の好みと違えば不満が残ることになります。

before-300x109

術前

1週目-300x126

術後1週

新術式の切らない眼瞼下垂手術は、手術中に患者様自身が

ご希望のラインを選ぶことができるようになったために

術後の満足度がすごくあがったんです。

 

NILT3-300x193

術前

after-300x184

術直後

コミュニケーションがとりにくい外国人の患者様の手術を

たくさんおこなったおかげで、われわれ日本人にも良い術式が生まれました。

こちらは雑誌やテレビでも特集されました。

切らない眼瞼下垂手術や黒目整形をまだ試しておられない方は

ぜひこの機会に試してみてくださいね。

BeautyPlus_20170215223345_fast

さて、まだまだ続きます。

というか2017年もう2か月が過ぎました(笑)。

いつまでこのシリーズ続くのかな。。

Continue reading

ダーマドック

· NEW, 学会活動, 皮膚科 / Dermatology, 若さは知性 · No Comments · Yoshio Ikeda

日本美容医師会監修のアンチエイジング化粧品、

ダーマドックが発売されます。

DG053_L

今までシミを薄くするレチノイン酸の化粧品はあったのですが、

お肌が真っ赤に腫れあがるものばかりでした。

皮膚科の専門医の先生方に聞いても、

「レチノインさんは真っ赤になるものだからね」

とつれない返事をする先生ばかり。

before_after

それなら日本美容医師会の医師軍団で赤くならずにシミが薄くなる

化粧品を開発しましょうよ、と美容医師会のみんなに提案したのが3年前。

before_after_right

あきこクリニックの田中先生や麗ビューティークリニックの居原田先生、

千春皮フ科クリニックの渡辺先生、イーストワン皮膚科・形成外科の白石先生、

トキコクリニックの小村先生、東京皮膚科形成外科の櫻井先生たち

日本美容医師会の美人女医軍団に

化粧品の香りやテクスチャー等を決めてもらいました。

 

Print

そのあと、思ったより長く開発期間がかかってしまいましたが、

やっと完成しました。

ピーリング石鹸で毎日お風呂でグリコール酸ピーリングを行いながら

成長因子FGF、EGF入りの化粧水とクリームで

表皮の成長を促すことでピーリングによる赤みを最小限にするという

コンセプトです。

必要がある方にはナノカプセルに閉じ込めたレチノイン酸ピーリングをプラス。

レチノイン酸もナノカプセルに閉じ込めて徐放製剤としているために

赤みが少ないのが特徴。

before_after_naname_kakudai

成長因子入りの化粧水とクリームは日焼けやレーザーなど、

ダメージを受けたお肌にも

成長因子の効果によりはやく赤みを引かせてくれます。

before_after_kakudai

1か月前からモニターさんを募集してテストしているのですが、

うれしい反響がぞくぞくと。

「使えば使うほど白く透明感が」

「朝起きると顔があかるくなっていることに感動」

「首とデコルテのくすみやシワが気にならなくなりました」

etc。

170312

こちらの処方の方法は3月12日にイーストワン皮膚科形成外科で行われる

JAASアカデミーで発表予定です。

医療関係の皆様は是非3月12日の勉強会にお越し下さい。

詳しくはこちらです。

 

DSC_0424

そして今度は世界初のコンピューター制御で

ピンぼけしにくい顕微鏡の登場です。

DSC_0423

やっと毛穴がこんなに奇麗に写せる顕微鏡が出ました。

これで施術後の患者様のお肌がどれだけ若返ったかが

わかることになります。

今までの僕の経験では今回のダーマドックのような

低濃度のレチノイン酸ピーリングと光治療をずっと続けている患者様の

お肌がもっとも美しく、若いのですが、

それを証明することができませんでした。

DSC_0421

僕の毛です。キューティクルがきれいに写っています。

DSC_0422

そしてこれが僕に試験的に植えられているチタン製の毛。

肉眼でわからない違いもはっきりと写しだせます。

この顕微鏡には期待大。

どのような治療が最もお肌や髪の毛が若返るか、

科学的に証明できる時代がくることになります。

DSC_0435

最新の製剤、ベビーペプチドが最も若返る可能性を秘めているので

そちらの化粧水も開発予定。

今後はこのような顕微鏡でどれくらいお肌が若返るかを

調べていきたいと思います。

今年もアンチエイジングな年になりそうです。

医療アートメイク

· NEW · No Comments · Yoshio Ikeda

DSC_0308

新聞にも取材されて社会的にも反響を呼んだ医療アートメイク学会。

昨日、イーストワン皮膚科・形成外科で

第1回医療アートメイク学会総会が行われました。

DSC_0336

会場は満員。60名以上の医療関係者が集まりました。

まずは僕の発表。

現在の世界のアートメイクの現状と

日本における法整備の必要性の報告から。

2017-01-27

昨年の医師法違反で検挙された半数以上が、

無資格者のアートメイク施術によるものです。

なぜ厚生労働省がアートメイクが医療行為としたのか?

それは施術後の患者様の感染の問題が最も大きいようです。

これらの問題を少しでも減らすように

厚生労働省と協力しながら学会運営を行っていきたいと思います。

DSC_0337

そして次はメイクアップアーティストの田村先生の講義。

メイクアップの基本と流行の眉デザインについてお話して頂きました。

古い眉デザインのままで生活をしているのは

10年前の服を着ているよりもお洒落に見えないそうです。

確かに。

僕も流行の眉に整えたいと思います。笑

IMG_5693-300x225

そして深谷先生からはアートメイク色素について。

アートメイク色素は海外製のものが多いのですが、

内容が非開示のため、

中にはアレルギーを引き起こしやすい会社、

トラブルで回収されたものもあるんです。

どのような色素が良いか、悪いかの考察もありました。

IMG_5732-300x225

そのあとは河野太郎先生によるアートメイクやtatooの

レーザーでの除去についての講義。

アートメイクのトラブルはレーザーでの除去時に最も多いと言われています。

ピンクや肌色はレーザーで黒色変化することがありので要注意。

フラクショナルレーザーによる除去のコツについて等を教えて頂きました。

IMG_5706-e1485748106283-225x300

そして最後に僕自身による

ライブサージャリー。

田村先生との共演で、

眉下皮膚切除法に併用する医療アートメイクの施術の

コツ等につきライブサージャリーを行いました。

今僕自身は「切開をしても腫れない手術」を多数開発しており、

その方法やコツについてライブ中継をしながら皆さんにお見せしました。

IMG_5697-e1485746380863-300x96

IMG_5726-e1485746403850-300x90

施術直後からほとんど腫れていないのがわかります。

眉下切開術後はお化粧禁止なのですが、

医療アートメイクを併用することにより、

直後からメイクをしなくても日常生活を送ることができると

人気の施術になっています。

FB_IMG_1485699643653

最後に理事の皆様たちと。

尊敬する先生方と一緒に仕事ができて本当に幸せです。

美容医療と同じく、医療アートメイクについても

安心で安全な施術を研究、追及していき

世の中に広めていきたいと思います。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

日経新聞

医療関係で医療アートメイク学会に

関心のある皆様は

info.ginzaikeda@gmail.com

までご連絡ください。

2017年の美容医療

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

DSC_0092
今年は竹のようにすくすくと良い美容医療を追及していこうと思っています。

年末、年始と手術が忙しくてなかなかブログを更新できませんでしたが

せっかく新年なので2017年に流行するであろう最新の美容医療について

数回に分けて述べていきたいと思います。

DSC_0109

今美容医療は世界的にどんどん進化していっています。

世の中、新しいものがなんでもかんでも良いとは限りませんが、

できるだけ腫れや内出血などのダウンタイムをなくしていくけれども

治療効果はしっかりとある、というぜいたくな美容医療が

2017年の流行となるでしょう。

DSC_0191

まずは痛みが少ない医療レーザー脱毛です。

セレブの間で医療レーザー脱毛が世界的流行になり(男子も含めて)

その流れが日本にも来ています。

DSC_0178

ただ、経験者はご存知と思いますが従来の脱毛レーザーでの

ひげやVIO脱毛など、毛根が深い部分のレーザー脱毛は痛みが強かったのが

特徴でした。

エステでは弱く光をあてるので痛みは少ないのですが、

パワーが弱いためにそれこそ永久に通い続けないという意味の

永久脱毛になる可能性もありました。

DSC_0250

近年、パルス照射することにより痛みを抑えたレーザー脱毛器が登場。

蓄熱式とも言われます。

当グループではソプラノアイス、アリー、マグマの脱毛が痛みが少ない

パルス照射での脱毛が可能です。

DSC_0153

せっかく購入したのに

忙しくてアリーやマグマについての記事は全くアップできていませんが、

通っていただいている方には口頭でお伝えしているはず(笑)。

DSC_0234
過去にレーザー脱毛をトライしたけれども痛みで我慢できなかった方、

ぜひスタッフにお尋ねくださいね。

DSC_0154

さて、次は昨年流行のあまり、ゆるキャラまで出来てしまった(笑)

小顔治療です。年をとると顔が大きくなっていくことが医学的にわかってきたんですね。

小顔治療は注射による治療と医療機器による治療に分かれます。

2017年の美容医療2に続きます。

 

メリークリスマス✨

· NEW · No Comments · Yoshio Ikeda

DSC_0040

患者様から頂きました。

お気遣い頂きありがとうございます✨

DSC_0042

少し食べちゃいましたが(笑)

DSC_0043 BeautyPlus_20161222152736_fast

最近は可愛いお菓子が多いですね。

僕ももっと可愛い女性を増やすよう、より腕に磨きをかけて頑張りますね😉