お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅直結の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

東京皮膚科・形成外科 奥野公成 超皮膚科学

何を行ったらよいか分からない中高年美容皮膚科初心者の方へ 安心で効果の出るおすすめ治療とは

何を行ったらよいか分からない中高年美容皮膚科初心者の方へ 安心で効果の出るおすすめ治療とは

· 奥野公成 · NEW, その他 · No Comments · Kosei Okuno

今回は、普段の外来で美容初めて中高年の方にお話ししている美容皮膚科治療の説明を、かいつまんでお伝えしたいと思います。

銀座院、品川院、日本橋(人形町)院の三院で同じ話をしています。

皮膚科との関わりは、通常は当然普通の一般保険診療(湿疹なり痒みなりにきびなり水虫なり色々)となります。

長い年月皮膚科外来に通っている方でも、ホームページや院内掲示の美容医療には全くノータッチという方も多いです。

やはり美容医療は自由診療であり、何となく高額、何となくリスクが高そう、何となくこんなことを気にしている自分が恥ずかしい、という意識が皆さんあり、何年何十年と気にしていることを誰にも相談できないで過ごしている方も多いのではと思います。

やはり一歩踏み出して誰かに一声かけて聞くのは、かなり度胸が要りますからね。

例えば僕は、比較的おしゃれな理容店で髪をきってもらっているのですが、美容院には昔地方に住んでいたときの一度くらいしか行ったことがありません。

数年に一回くらいスタッフから美容院に行くことを勧められます。女性陣から見れば何かすすめる理由があるのでしょう。

東京の美容院に行ったことはないのですが、普段の自分のルーチンを変えるのは、やはり抵抗があります。カリスマも怖いですし。

しかし、行けばきっと新しい世界が開ける可能性もあるのでしょう。

さて、次に中高年の美容医療未経験者から、「今まで一度も美容治療を行ったことがないのですが、どういう治療があるのですか?何ができるのですか?」と、質問を受けた場合の返答例を思いつくまま記載したいと思います。あくまで僕の私見ですが。

普段外来で皆さんに色々説明するのですが、時間の関係からどうしても説明しきれてない部分があり、皆さんの来院前の参考にもなるかと思います。

下記を書いていて思ったのですが、たくさん話しすぎると記憶できない人も多いだろうなと我が身を振り返って反省しました。

「しみ、しわ、たるみ、にきび、赤み、ホクロ、イボ、毛穴、むだ毛、毛髪量、肥満のお悩みを今よりはよくできますよ。」

「各々の悩みについてそれぞれの治療があるのですが、そのコストパフォーマンス(かけたお金や赤み等の副反応に対する効果の満足度)には差があります。」

「今まで全く何も行ったことがない方であれば、ある程度歴史があってその治療が確立されていて、高い確率で効果が出る、他の皆さんがよく行っているベタな治療がよいと思いますよ。」

「コストパフォーマンスが高くよい治療はやはり皆さん何度もされますね。僕の立場から見ると、繰り返す方がいるかどうかで、逆にどれがコストパフォーマンスのよい治療なのかが分かります。」

「ほぼ確実にプラスの効果を本人が感じるのは、レーザー脱毛、しみ治療、ホクロ・イボ除去、しわ治療の4つです。」

「この4つの中でも中高年の方に一番人気なのは、しみ治療です。二番目がしわ治療です。」

「シミは通常人目にさらされる顔にあり、色があるので目立つ上、効けば効果もほぼ一生ものなので、治ったときも効果を実感しやすいからです。」

「一度でシミを完全に消せる、と断言はできません。でも普通のしみに普通のレーザー治療を行えば、8割くらいの色は落ちる印象はあります。もし普段しみに悩んで高い化粧品をひたすら何年も使用している方でしたら、医療機器の力を一度味見してみるのは、自信をもってお勧めできます。同じ万単位のお金を使うのであれば、一度くらい医療機器の治療を試しても悪くはないと思いますよ。なぜなら、化粧品を数十年・数十万円(数百万?)使ってもできないことが、数か月で達成される可能性がありますから。もし満足のいく効果が出なくても、お金以外に失うものはありません。一番小さなシミのレーザー治療でしたら、5千円くらいでもできます。一回でとれたらそれ以上そこに何か行うことはありません。それで終わりです。」

「通常の効果が出た方は感じると思いますが、何事も知っているか知らないか、人生の分かれ道はそれをいつ知るか、ただそれだけです。」

「また、ご自身が悩んでいることを自分の言葉で僕に伝えてもらってもよいですし、僕から見て気になるものを治していくという二通りがあります。どちらでもよいですよ。料金がかなりかかりそうな量でしたら、何万円分限定で優先順位をつけて治療を行うということもできます。自分で優先順位をつけられなければ、僕の目から見て目立つ順に何万円分という形でもよいです。」

 

「しわでお悩みの方でしたら、よい注射治療があります。しわも完全に消せるわけではありませんが、かなり和らぎます。ただ、この注射治療は平均半年くらいの効果になります。ネガティブに考えれば、気に入ったら何度も繰り返さないことになりますが、ポジティブに考えれば、効果が切れるので、極めて安全性が高いということです。もし効果に不満足でも、いずれ効果が切れ、なくなるわけですから。」

「僕個人的には、中高年の方は少しずつ、時期をずらして注入していくのが好きです。できればほぼ顔全体のしわに。その方が急に変わって人にすぐばれることはないですし、急発進で皆さんの予期しない方向にいくことはないですから。また、顔全体に少しずつうつことで自然な若返りに見えます。日本の中高年女性は、ナチュラルな変化が好きなのではと感じています。」

 

「美容診療における中高年の皆さんの悩みの上位3つは 僕の印象だと(1)しみ(2)しわ(3)たるみ の3つですが、治療の効果を本人が感じやすいのもこの順の印象です。やはり色がある小さなものは本人も効果を感じやすいようですね。」

「たるみの治療は、脂肪溶解注射、糸による引き上げ、機器による引き締めの3つが治療のメインです。脂肪溶解注射であれば希望があれば当日その場でも可能で、三つの治療の中では一番気楽にでき、一番行っている方が多いです。機器による治療と糸の治療は前もって予約が必要になります。糸による治療はプチ手術ですが即効性があるのがメリットで、機器の治療は顔と顎下という広い範囲を一気に施術できるのがメリットです。」

たるみの治療は治療前の写真を自分で撮っておかれると効果が分かりやすいです。毎日鏡を見ている自分自身が一番変化に気付きにくいですから。」

 

「どの治療を行うにしても、限られた予算を効果的に割り振って、無理のない範囲で行ってください。美容皮膚科治療のほとんどは、続けていけるかどうかも一つ重要なポイントになります。でも続けていけば、3年後の同窓会では、頭半個分くらい他の人と差がついています。自信満々で同窓会に行けますよ。」

「継続や積み上げの力は本当に大きいです。ゴミだけでなく続ければよいものもたまっていくのだなとつくづく感じます。美容皮膚科は言わば顔の掃除です。」

「美容医療は昔週刊誌の後ろに怪しく広告が載っていた後ろめたい時代から、美容院に行くように正面切って自分をメンテナンスしにいく時代になったと思います。マッサージやエステのように前向きに綺麗に生きていくサポートをしていくのが美容クリニックの役目ではと思います。少女時代、ああはなりたくないと思っていたオバタリアンにならずに済みます。」

「うちのクリニックは、一般皮膚科に来てるついでに、もしくは皮膚科に来ているふりをして美容治療が受けられる便利さがよいと思っています。どこのクリニックに行ってよいか世の中美容クリニックがあり過ぎて難しいですよね。」

「見た目を改善していくと、自分の精神や内科的な健康も気にするようになります。なぜならその2つが美容の土台になるからです。美容が入口になり、心身の健康につながることが一番のゴールです。」

「高齢者の方がクリニックで美容施術をを受けているのを見ると、その生き生きとした姿から自分も元気をもらっています。日本の目指す将来像なのかもしれません。」