お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅直結の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科・形成外科 奥野公成 超皮膚科学

巻き爪・陥入爪治療にポドフィックスpodofix (品川院)

· 一般皮膚科 · No Comments

今回は巻爪・陥入爪の治療、いわゆる爪のくい込みに有効な治療についてお話し致します。

毎日の処置が手間でできず、痛みがなく穏便に治したいという方には、podofix(ポドフィックス)という爪矯正(爪のくい込み治療)キットをお勧めしています。

手術ではありません。

 

足のゆびの痛みでお困りの方は、足の爪がゆびの肉にくい込んで痛みが出ている方が多く、爪切りで深爪をする方や、硬くて先が細い靴を履かれている方や、体重コントロールが不良の方に多い印象です。

巻爪・陥入爪の治療は、現在様々なものがありますが、その治療法は、大まかに言いますと、手術による方法(血が出る)と、手術ではない方法(血が出ない)に分かれています。

ポドフィックスは後者の方法の一つで、弾性ワイヤー挿入治療に近いです。

このポドフィックスは、シュパンゲというドイツ製のワイヤー付きパッドを爪に貼り、パッド内にある引き締めたワイヤーで爪を矯正していく方法です。

20分程の時間で終了します。

短所は、矯正力が極端に強いものではないこと、長所は、深爪でもできることと、様々な形の爪に対応できることです。

僕自身も以前、試しに自分の足につけてみたことがあるのですが、日常生活でも邪魔にはなりません。

 

DSCF1081 DSCF1085

ちなみに、(爪の弯曲を矯正するつっかえ棒のワイヤーを爪に穴をあけて入れる)ワイヤー法、(爪の端と肉の間にチューブを入れる)ガター法なども行っており、爪・肉の状態を見て適宜提案しております。

ただ、どの治療も爪の矯正には最低一ヶ月以上器具をつけておく必要があります。

いずれの治療も費用は1万円前後となりますが、万が一あっという間に外れてしまった場合は、受診料のみで入れ替え料は無償としております。

巻き爪・陥入爪でお悩みの方は、品川のイーストワン皮膚科形成外科(03-5479-3388)、銀座の東京皮膚科形成外科(03-3545-8000)までお気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも結構です。

また、治療前後の写真をHPなどネット掲載や学術発表等の使用でご協力いただけます方は、2割引の料金で施術させていただきます。ご希望の方は私奥野かスタッフに遠慮なくお声がけくださいませ。