お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

イーストワン皮膚科クリニック 入谷 英里ブログ

Month: 8月 2016

初めてなので お手柔らかに・・・・

· 症例 · No Comments · Eri Iritani

美容医療は年々、身近なものになっていっており、高校生から年配の方まで

気軽に施術できるものになってきましたね。

というのも以前はダウンタイムを伴うおおがかりな治療や手術が主体であったものから

低侵襲な治療が数多く開発されてきたため、より気軽に身近に行えるようになってきました。

エステに近いスキンケア治療も含めたらもっともっと幅広くなるので なおさら

何かしらの施術を皆様うけていらっしゃるのではないでしょうか?

 

さて、本日は私のブログを読んでくださっていらっしゃってくださった患者様です。

(なかなか時間がとれないのとブログを書くことに慣れていないのにありがたいです!!)

いままでエステサロンでの美顔のような施術は受けられたことはありますが、

クリニックでの美容の治療ははじめて、という方です。

何事もはじめてのことにチャレンジするときに緊張しない方はいらっしゃないでしょうから

勇気を出していらしてくださったと思います。

顔全体のたるみが気になる、ということでした。

加齢に伴う骨格・軟部組織・皮膚組織の変化を認めます。

いわゆる、目の下のたるみ、深い法令線、フェイスラインの乱れなどを

気にされていらっしゃいました。

初めての患者さまで 効果も期待できるけれども

あまり急激な変化は求めていない、

ダウンタイムは極力少なくしてほしい、痛みが怖い、、、などの

ご希望がある場合は、一番低侵襲な治療であるスキンケア治療を行い、

組織が不足している部位にはヒアルロン酸またはPRP治療、

脂肪組織が増えている部位には脂肪溶解注射を行ってゆくことをお勧めしています。

RIMG0132RIMG0136

↑当院の看板マシンであるトリニティプラスのリフトアップに特化したSTモードで

施術をいたしました。

このあと、目の下(ゴルゴライン)から頬骨部の骨膜上にスタイレージXL 0.6mlを

鈍針で注入しています。

法令線から口角周囲にはスタイレージXL0.4mlと、

スタイレージM1.0mlを注入しています。

RIMG0142RIMG0146

施術直後です。

たるみによる影が減ると顔色が明るく見えて、元気に若々しくみえます。

ごく少しの変化ですが患者様は安心して帰られました!

 

当院のヒアルロン酸は複数取り扱いがありますが、

スタイレージはマンニトールという抗酸化剤を添加した

ヒアルロン酸です。抗酸化剤マンニトールにより

「注射をしているとお肌の老化を予防できる」という利点があります。

BDDEという架橋剤を減らすことができ、腫れなどの副作用も少なくなり

持続期間も増えたそうです。

当院では糸によるリフトアップが人気診療ですが、、、このような気軽にできる治療が

安心して行える方もいらっしゃいます。

気軽なものからダウンタイムを要するものまでご希望に合わせて選べるようにしております!

 

 

 

教えてミオちゃん!

· Uncategorized · No Comments · Eri Iritani

当院の看板女医、白石美緒先生のポスターができました!!!

14063764_1049442525171536_3361549989608155310_n

お人形さんみたいなルックスの白石美緒先生そっくり!

当院にいらっしゃった患者様が白石先生のツルツル美肌と

学生さんのような若さを維持されているのを見て、

「先生は何をされているのですか??」と質問してゆきます。

そうして先生の施術とされてゆく方 多数・・・!!

13901312_1028479853934470_4866382998510047391_n

ルックスももちろん、内面も素敵なのですよ。

美容医療を受けるにあたって、先生自身が受けられて

お勧めの治療を親身にアドバイスしてくれるので

患者様も安心して施術されていかれますし、もちろん、

絶対それはやらないほうがいいよ!と

はっきりアドバイスされている姿もかっこいいのです。

台北の学会では 真面目な話からくだらない話まで

いろいろおしゃべりしてきました。

懐が広く、どのような方にも公平に接することができる白石先生がもともと好きだったのですが

台北へ行ってからますます大ファンになってしまいました。

(その話はまた今度・・・・)

白石先生には

東京皮膚科・形成外科 銀座院とイーストワン皮膚科・形成外科で会えますよ!

白石先生ブログ

 

 

札幌より皮膚科の先生が見学にいらっしゃいました。

· 形成外科 / Plasticsurgery · No Comments · Eri Iritani

当院の治療を見学に 札幌より皮膚科の竹中ちひろ先生

わざわざ いらっしゃってくださいました!!

到着して早々、「東京暑いですね~~!!」

札幌と比べたら湿度も気温も高くて驚かれたと思います。

きっと夏は快適なんだろうな~・・・・

かくいう私が札幌に行ったのは数年前に1度きり。

しかも12月でブリザード吹き荒れる悪天候の日でして(笑)

ほんの数秒 ホテルの外を歩いただけで遭難した人間になった気分でしたね!

それも良い思い出です。また札幌、遊びにいきたいなあ。

14063729_1044948742287581_4507580834923192513_n

この日は 池田先生の手術三昧の日でしたので なかなか普段、見ることができない

眼瞼下垂の手術やトミーリフト、Jリフトを見学され 非常に新鮮だったようです!

札幌から弾丸日程でお越しになられ、一日中フルで見学をされておりその熱心さに

私もがんばらねば・・・・と反省しました。

ご自身も施術を受けて帰られ ブログでも感想を書いてくださっております。

当院では年数回、同業の医師を対象に公開手術を行っていたりもします。

次は9月末に行われる予定です。

今度は他院の眼瞼下垂の修正術やプライマリーの眼瞼下垂手術など

難易度の高い手術が行われるので盛りだくさんです。

 

ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン製剤)の可能性

· 症例 · No Comments · Eri Iritani

総院長の池田先生は新しい手術や器具の開発にも心血を注がれていらっしゃる偉人ですが、

世界中の学会に出席、招聘され 常に健康と美を永遠に保てる方法を探していらっしゃる

この道のマニアです。

DSC_3293

不老不死を実現させるのはきっと池田先生ではないかと信じております。

さて お肌を赤ちゃんのように若返らせる・・・そんな方法あったら

誰でも教えてほしいですよね!?

実は赤ちゃんの肌と大人の肌にはいろいろ違いがあるのですが、
皮膚の真皮成分であるコラーゲンの形質がまず異なります。

赤ちゃん、特に胎児期にはⅢ型コラーゲンが真皮層に豊富に存在しているのに対し、

成長とともに減少してゆき、Ⅰ型コラーゲンが主な組成になります。

胎児期の傷は治りが良いことが有名ですが、その一因としてⅢ型コラーゲンの多さに

秘密があるのではないか!?と言われています。

日本でもコラーゲン製剤は古くから使用されてきましたが、ブタやウシ由来の製剤であり

常にアレルギー反応を気にしなければなりませんでした。

(皮内テストは必須でしたし、それをクリアしても常にアレルギーを起こすリスクを念頭にいれて

施術しなければなりません)

過去にはヒト由来のコラーゲン製剤も存在しておりましたが、Ⅰ型コラーゲンが主体でした。

現在、Ⅲ型コラーゲンを多く含有するものはベビーコラーゲンが唯一です!

(ベビーコラーゲンではⅠ型とⅢ型が50:50の割合で配合されております)

当院では、池田先生が輸入当初からその効能に興味を惹かれ、積極的に使用してきました。

現在、日本でも屈指のベビーコラーゲン注入件数を誇っており、

日本のみならず海外からも多くの患者様にお越しいただいております。

また、池田先生・白石先生による学会での講演数も数多く、

日本一!・・・と胸を張って言えるのではないでしょうか??

そんなベビーコラーゲンの症例です。

RIMG0012

40代 男性。

右目の下に格子状に刻まれたしわがあります。

こちらにベビーコラーゲンを注射しました。

RIMG00201

シワに沿って 細かく、エンジェニードルで注入してゆきます。

施術直後は一部赤み・凹凸がありますが、数時間~数日で消失します。

コラーゲン製剤のこの独特の肌なじみの良さは、患者さんだけでなく医師の間でも

病みつきになります!!

ヒアルロン酸では凹凸、デコボコしやすい皮膚の薄い部位にも攻められるのです。

名称未設定-2

注入後1ヶ月です。

このように良い状態を維持しております。

肌の拡大像を観察すると面白いことが発見できました。

図1

こちらは先ほどの患者様のベビーコラーゲン注入前の皮膚の拡大像です。

斜走する皺が目立ちますね。

年齢的にも一般的な肌状態かな?と思いました・・・が・・・

注入後2ヶ月目。

図2

斜走する皺ではなく、網目状に走行する皮膚紋理がはっきりしてきましたね。

左下には目印にしていた脂漏性角化症(茶色のイボ)があります。

ちょっとこちらの患者様はもともと汗管腫のような隆起性腫瘤が多い肌質の方でしたので、

逆にそれが目立ってきたようにも思えます。

さて 6ヶ月後では・・・

図3

なんだか皮膚紋理、皮丘が明瞭になってきて、個人的な意見としては・・・

皮膚の血色も良くなったように思えます。

(目印にしていた脂漏性角化症は取れてしまったので

計測していた基準で同一部位であることを確認しました。)

ベビーコラーゲンを注入した方が口を揃えておっしゃるのが

「なんとなく肌質が良くなった気がする」

という この漠然とした なんだかよくわからないけどヒアルロン酸を

注入した時とは違う どことない良さを感じる!という意見です。

肌を拡大して解析してみると 面白い発見がわかりましたね!もしかしたら・・・

これが 俗に言われる「肌のキメが整う」という状態なのでしょうか。

ベビーコラーゲン・・・これはまさに赤ちゃん肌への生まれ変わりをしてくれる

奇跡の注射になるかもしれませんね!?

 

 

 

 

20歳も若返らなくてもいいんです。

· 症例 · No Comments · Eri Iritani

われわれ形成外科・美容外科医において、世の中の人が

休みを取得できる時に 仕事量が増える傾向があり、

年末年始、GW、シルバーウィーク、そのほか連休や土日祝日に

大忙しのピークがやってきます。

特にお盆休みは社会人さんにとって手術をできる数少ないチャンス!

お盆休みに夏休みをプラスして2週間前後のお休みをとって手術にこられる方も多くいらっしゃいます。

なので先週から私の外来も大賑わい!

しかも最近は口コミで 当院に来院される患者様が急上昇中でして

医者冥利に尽きます。

RIMG0080

当院の人気メニュー、腫れないリフトアップ:Jコグリフトの症例です。

こちらの患者様も口コミで来院されました!

大感謝です。

003

50代女性 年齢相応のたるみが目立ちます。

年齢を重ねると輪郭は 縦に長く変形し、下方へと脂肪が集中し、

頬骨の突出が目立ち、まるで瓜のような形状に変化してきます。

こちらの患者様も教科書の見本のような加齢による変形を認めます。

本当は切る手術、フェイスリフト・ネックリフトの適応なのですが・・・

ご本人様のご希望とご予算、ダウンタイムの相談をしたところ、

Jコグリフト8本を行うことになりました。

8本では物足りないかなあ~・・・と思いながら・・・

015

手術直後です!

右3本、左5本挿入しました。どうでしょう?

瓜から少し逆三角~丸型に近くなりましたね。

特に頬骨部分の高さが再現され 若々しい印象に!

 

007

右斜位の術前です。

フェイスラインがあいまいになってきています。

021

術直後です。少しフェイスラインがでてきたかな・・・でも、

左側のほうが顕著かもしれません。

004

こちら左側の術前。

017

術直後です。

左側は5本挿されているため フェイスラインが

はっきりしてきましたね。

心なしか あご下の脂肪量も少なくなったように見えます。

(脂肪溶解注射はしていないので 錯覚ですが。)

この方のように 自分は女優さんでもないし 周囲から驚かれるくらいまで

若返らなくて良い、30歳も若返らなくていいから

3年前、または5年前の顔に少しでも近くなればいいのです・・!

 

という方は 多くいらっしゃいます。

それはもちろん、思い切ってフェイスリフトしちゃいましょうよ!と言いたいとこですが・・・

日本人の気質からいえばそうはいきませんよね。

というわけでこのような方には 腫れないし ダウンタイムもほぼなくて

ほんのすこ~しの頬骨とフェイスラインの変化で若返れるならよい、という方には大満足な

治療です。

今後は目の下のたるみにヒアルロン酸かPRPを注射していきたいですし、

あご下や法令線・口元周囲の脂肪は脂肪溶解注射でボリュームを減らしてゆきたいですね。

ただ それは私の心の中で もっとこうすればいいのにな~~~・・と

こっそり計画していることですので ご本人様が現状でご満足しただければ

いったん終了になるでしょうしね!

当院の場合は患者様の希望や現状に合わせた治療をわれわれ 医師が一緒になって

相談、計画してゆきます。

無理強いはいたしませんし、結果の出ない治療を無為に行うこともいたしません。

なにより口コミでの来院や紹介患者様の多さが信頼の証でしょうね。

是非 加齢に伴うあれやこれや・・・
気になるかたは お気軽にご相談にお越しください!

 

男性にこそ受けていただきたい当院の眼瞼下垂手術!

· 症例 · No Comments · Eri Iritani

当院は立地が品川駅港南口より徒歩3分!という企業がひしめく高層ビル群の中にあるおかげで

患者様の多くは近隣の会社員の方、OLさんが占めています。

もちろん品川駅を最寄り駅にされている周辺のマンションにお住まいの方や近隣の保育園での

外傷のお子様など地域にも根ざしたクリニックという側面もあり、実にバリエーションに富んでいます。

私自身も大学病院勤務時代は品川に1年程度住んでいました。とはいっても、当時は月の半分は当直をしており普段も帰宅は遅いので寝に帰っていただけでした、、、。

果たして本当に住んでいたと言っていいものかわかりませんが、ろくに帰らぬ家なのに

人生で最高額の賃貸料を支払っていたことだけは覚えています(笑)

さて当院を受診される男性患者様は保険診療の皮膚疾患を主訴に来院される事が多いのですが、

美容医療も受けられる方も意外といらっしゃいます。

ほくろやイボの炭酸ガスレーザーの治療などを受けられる方がほとんどですが,,,

なかには

二重の手術を希望される方もいらっしゃいます。

こちらの患者様は30代男性。

DSCF0005

眠そうな印象の目元と目が重くて明けにくいのでいつも肩こりに悩まされている、という方でした。

そうです。この症状を聞くだけでもご存知の方はピン!とくるはず。

眼瞼下垂の症状が顕著に認められますね。

眼瞼下垂には生まれつきのものと加齢に伴うものがありますが、この方の場合は加齢に伴うものでした。

眼を開ける筋肉、その筋肉を固定する筋膜がゆるんでくることによる現象です。

(本当はもっと細かい機序でこの現象がおきていることがわかってきましたが、書き出すと

話が終わらないので簡単にまとめてみました)

当院では軽度~中等度の症状の方であれば、まぶたの裏側の粘膜から(結膜と呼ばれます)

細い糸を通す手術をしております。

重度の方は切開といってまぶたの皮膚側よりアプローチする方法ではないと良好な結果を得られないです。

DSCF0020

総院長である池田先生と銀座院の森川先生が共同で長年かけて築き上げた手法になります。

術直後はやや腫れてしまいましたが(特に左側はもともと目の開き、開瞼が弱い方で

開き方を調整するのに時間と麻酔を使いすぎてしまいました)

_DSC5475

約1ヶ月後!

このように精悍な顔立ちへと変わりました!!

_DSC5479

開瞼とともに二重の幅も調整したので目を閉じるとこのように

えくぼのように糸が入っているところがへんこでみえますが

これは1ヶ月過ぎるとわからなくなります。

この患者様は大変喜んでくださり、肩こりなどの症状も緩和され日常生活もぐっと楽になったそうです。

二重の幅は必ずしも調整しなくても目の開きを良くするだけで

本来の二重が再現されるケースもあるので一度カウンセリングをさせていただき

手術いたします。

男性だからこそなかなか切開に踏み切るのは怖い!という方は是非ご相談くださいね。

 

 

 

目の下のクマ、そのままにしておくの??

· 症例 · No Comments · Eri Iritani
お盆休みに入られた方も多いのではないでしょうか?

お盆は日本独自の文化で、地域によって様式が異なるので

実家でどのようなお盆のスタイルでしたか?と

聞くとさまざまな答えが返ってきて面白いです!

私は神奈川県横浜市の緑区出身ですが私の周囲では

自宅の門のところに盛り土を作り、ナスとキュウリに割り箸を刺して

ご先祖様を乗せる馬を作ります。

馬の隣には、馬のご飯も用意します。

馬のご飯は、ナスを細かく刻んだものを蓮の葉などの大きな葉を

お皿に見立てて 用意してあげます。

お馬さんもガス欠ではご先祖様を送迎できませんからね~

途中でエンストしてご先祖様が遭難してしまわないように、、、!

皆様のご実家のお盆スタイルはどのようなものでしたか??

さて、本日はPRP(多血小板血漿)治療の患者さまの写真です。

006

30代女性 目の下のクマを気にされて来院されました。一概にクマといっても 下眼瞼の皮膚が薄く、眼輪筋が透けて見えているのか、目をこするくせにある方に多い色素沈着なのか、はたまた突出した眼窩脂肪なのか、たるんだ皮膚なのか・・・これらの症状がいくつか重なっているケースも多々あります。

症状とそれに適した治療法を選択すれば目の下のクマも怖くありません!

こちらの患者様は「どうせ小さなころからこのクマはあるし、これから年齢を重ねたらもっと悪化するだろうし そのときに手術したらいいかな~」なんて おっしゃっていましたが、、、

こちらの患者様の場合は眼窩脂肪の突出は軽度、皮膚のたるみも軽度、(脂肪に押されて眼輪筋が透けており血流不全の時はより症状が悪化するそうです。)頬骨部のmalarエリアの脂肪が萎縮傾向ではありますがそれも軽度。

年齢相応の加齢性変化はでていますが、このレベルであればPRP治療が著効します!

010

両側目の下、頬骨部にご自身の血小板から精製したPRP 1.0mlを注入しました。

いかがでしょうか?施術直後でこのようにクマは改善され、皮膚の色味も良くなったようですね!

PRP(Platelet Rich Plasma)=多血小板血漿とは、わたしたちの血液中の血小板を高濃度に濃縮させた液状成分のことです。

創傷治癒、傷などのダメージを修復し、再生する作用があり、

このように血流の増加、皮膚のタイトニング作用、そうして組織の充填としても効果があります。

ご自身の組織である血小板を使用するのも安全ですしね!

是非 目の下のクマは放置せず 早めに治しましょう!!