お問い合わせ: (03) 5479-3388
品川駅近の皮膚科・形成外科・美容外科 Web Site

症例

イリュージョン注射+ウルトラセル

· 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda
ウルトラセル

ウルトラセル

品川イーストワンクリニックに新しい医療機器が入りました。

その名もウルトラセル。

イリュージョン注射で頬の脂肪を減らした直後にインテンシフ、というのが当院で

一番人気の小顔治療だったのですがダウンタイムがあるのが欠点でした。

ウルトラセルはイリュージョン注射後、ダウンタイムを最小限にしつつ

小顔にすることができます。

unnamed

ほうれい線が目立たなくなり、輪郭も美しくなったのが

わかります。僕も受けてみたのですが痛みは少しちくちくする程度です。

0011

「人はまず目を見てお話をするので目の開き具合など、

目には徹底的にこだわるべき。」

といって切らない眼瞼下垂等、目の手術に力を入れてきた僕ですが。

スライド25

このような例を見ると輪郭で若さを見る、すなわち

アンチエイジングには輪郭が最も大切な気もしてきました。

目はお化粧でもごまかせますもんね。

DSC_0222_3-1024x576

最近の僕のカウンセリングは「フェイスラインに手術はもう古い」です。

イリュージョン注射で小顔にしてからウルトラセルやインテンシフで

頬の引き締めをおこなうと、

そもそも輪郭が乱れないので頬が下がることがなくなり、

将来的に手術をしなくてもすむからなんです。

1477117920074-877x10241477117743336-767x1024

年齢とともに顔はデカオンになり、頬のたるみが出てきます。

たるみができる前にイリュージョン注射で脂肪細胞にアポトーシスを

起こさせて頬の脂肪が増えないようにしながら

DSC00101-682x1024

スキンタイトニングも同時に行って小顔を追及するように

しましょう。そうすることにより将来フェイスリフトなどの

大きな引き上げの手術をしなくてもすむ、あるいは手術をするのを

先延ばしにすることができるんです。

DSC_0144

知性のある方は若い時から老化予防を行って

将来的に手術をしなくてすむことになりそうです。

手術ではない小顔作りに興味のある方は

イーストワン皮膚科形成外科

03-5479-3388

までお気軽にご相談ください。

 

 

2017年の美容医療3

· NEW, 症例, 皮膚科 / Dermatology · No Comments · Yoshio Ikeda

2017年の美容医療2の続きです。

さて、その前に医療関係の皆様から非常にお問い合わせが多い

日本初で未来の美容医療、

僕自身の毛髪インプラントの結果を発表します。

IMG_20170221_124621

上が施術前で下が施術後3日目です。

ナチュラルすぎて自己満の治療もしますが、

自己満で上等(笑)。

最近20代と40代の顔を僅かな差しかないことがわかってきたので

僕も僅かな差にこだわることにしたのです。

今年も永遠の30代を目指して頑張っていきたいと思います。

170312

さて本題に戻ります。

2017年の美容医療。

3つ目は東京皮膚科形成外科の看板メニューの切らない眼瞼下垂手術です。

「眼瞼下垂は切らないと治せないよ。」

と言われる先生は多いと思われますが、

大昔は「二重まぶた手術も切らないと治せないよ。」

と言われていたのです。

切らない眼瞼下垂手術は腫れも少なく、

良い結果が出るために口コミで最近すごく手術が増えています。

0011

理由は昨年末にさらに進化したこと。

最近外国人の患者様が増えており、コミュニケーションがとりにくく、

全く腫れないようにミューラー筋を引き締めたあと、(NSLT法)

鏡の前で二重のラインを決めてもらう術式に改良しました。

 

これがなんと日本人にも大人気。

術前のカウンセリングがどんなに上手でも、

手術中にどんなに優しくしてくれる先生だったとしても

腫れが結果が患者様の好みと違えば不満が残ることになります。

before-300x109

術前

1週目-300x126

術後1週

新術式の切らない眼瞼下垂手術は、手術中に患者様自身が

ご希望のラインを選ぶことができるようになったために

術後の満足度がすごくあがったんです。

 

NILT3-300x193

術前

after-300x184

術直後

コミュニケーションがとりにくい外国人の患者様の手術を

たくさんおこなったおかげで、われわれ日本人にも良い術式が生まれました。

こちらは雑誌やテレビでも特集されました。

切らない眼瞼下垂手術や黒目整形をまだ試しておられない方は

ぜひこの機会に試してみてくださいね。

BeautyPlus_20170215223345_fast

さて、まだまだ続きます。

というか2017年もう2か月が過ぎました(笑)。

いつまでこのシリーズ続くのかな。。

Continue reading

2017年の美容医療2

2017年の美容医療の続きです。

さて、2017年に流行る美容医療第2弾は小顔注射。

東京皮膚科・形成外科グループではほうれい線や輪郭はイリュージョン注射、

顎下はSAGONI KOGAON注射と、場所やその方のお顔の脂肪の

状態により、使用する薬剤を使い分けています。

DSC00101-682x1024

脂肪溶解注射は15年ほど前から行っており、学会発表を行うなど

研究を続けていますが、昨年のイリュージョン注射を開発したあたりから

常連さんに人気が爆発しました。

DSC_0222_3-1024x576

人気の秘密は腫れがほとんど出ないこと。

個人差はありますが、直後に小顔になって帰れるんです。

効果が出にくい人は昔ぽっちゃりさんだったり、

体質によりもともと皮膚が余っている人。

DSC_0211_31-1024x576

お肌が余っている方はインテンシフやスカーレットなど、

スキンタイトニング治療を併用します。

スライド15

年齢とともに頬が下がってくるのは

頬の脂肪が増えて皮膚が伸びてくるからなのです。

頬の脂肪が増えるのをイリュージョン注射で予防して

皮膚が伸びるのをインテンシフで予防すると

スライド25

小顔になって美しくなるうえに将来のフェイスリフトなどの手術を

先延ばしすることができるんです!

スライド18

また、従来の脂肪溶解注射と違ってダウンタイムがほとんど

ないのもポイントです。

イリュージョン注射をご存知ない方はこの機会にぜひ

カウンセリングにお越しください。

1477117743336-767x1024

小顔追及の若返り注射は

東京皮膚科形成外科銀座院、

品川イーストワン皮膚科形成外科、

大阪いけだクリニック、

大阪皮膚科形成外科、

香川まえだ整形外科外科医院でお受けすることができます。

1477129053985-767x1024

2017年の美容医療3に続きます。

 

 

粉瘤(アテローム)手術

· 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda

イーストワン皮膚科・形成外科はできるだけ美しく治るように

こだわりの道具を使用してアテローム手術を行っています。

image-11116064350-116352624041-300x225

僕自身の手術症例です。4年前に形成外科認定医の先生に

手術をしてもらいました。顔面神経が走行している場所ですので

繊細な注意が必要な手術でした。

image-11116064350-11691070061-300x225

世界一細く組織を傷めないチタン製ピンセット、

最新の高周波メスを使用して丁寧にアテロームを切除しているところです。

image-11116064350-11691070062-300x225

お顔の手術が多いので、縫合は透明の糸を使用して

術後もできるだけ傷が目立たないように努力しています。

image-11116064350-11691226730-1-300x225

手術直後の状態。

細かく縫いますので翌日からシャワーを浴びて頂けます。

現代は水道水もきれいになっているので水にぬらしてはいけないと

いうことはありません。石鹸はだめですが、

優しく洗っていただいた方がより傷はきれいに治ります。

アテローム-300x204

術後6カ月の状態。
DSC_0066

そして今日、術後4年です。

患者様によく傷あとについて心配されるのですが、

きちんとした術者に手術をお願いし、そのあとの術後のケアが良ければ

このように傷はよく見てもわからなくなります。

image-11116064350-116910700601-300x168

「形成外科医のみ顔の手術をすることを神様に許されている、

そのかわり形成外科医は必死で良い手術をできるようできる限りの努力をしなければいけない」

と昔師匠に厳しく指導され、必死で手術の訓練をしてきました。

アテローム術前

アテローム術前

スライド27

その想いは当院の医師すべてに引き継がれており

当院の認定医達は日々努力をしているのですが、

術後の患者様のケアも大切です。

眉下切開 傷あと

眉下切開 傷あと

こちらはご質問が多い眉下切開の傷あと(術後2年)。

全く傷あとがわからなくなる、というのが我々の治療のゴールなのです。

もちろん個人差はございますが、

3か月~6カ月は赤く目立つのが普通なので

半年間はがんばって待ちましょう。

DSC06348

また術後すぐにお化粧をされたり、

かさぶたを残したりと間違ったケアをされると

このように美しくは治りません、念のため。。

アテローム 術前

アテローム 術前

アテローム 術後

アテローム 術後

もう一度術前術後を出しますね。

手術の傷あとよりも周囲の薄いシミが目立つのが気になるところ。

河野太郎先生を受診して、今度銀座院に入った

ピコレーザーで治療してもらおうと思います。

 

眼瞼下垂

· NEW, 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Yoshio Ikeda

Screenshot_2016-11-17-18-33-24

美STに出て話題になっている目力アップ手術。

Screenshot_2016-11-17-18-32-22

切らない眼瞼下垂が一番人気ですが、

保険での切開式の眼瞼下垂もイーストワン皮膚科形成外科は多数行っています。

今回は眼瞼下垂について述べたいと思います。

眼瞼下垂-300x73

左が術前、右が術後。

切らない眼瞼下垂手術を行いました。

疲れた目が改善したのがわかります。

gankenkasui-300x66

この方も切らない眼瞼下垂手術。

きつく見られる目が改善したのがわかります。

 

当院の方法はまず目の裏側から挙筋腱膜のみを引き締めて、

そのあとに鏡の前で二重のラインを作っていく最新の術式のため、

患者様のご希望のラインを作れるのが特徴です。

切らない眼瞼下垂 術前

切らない眼瞼下垂 術前

切らない眼瞼下垂 術後

切らない眼瞼下垂 術後

この方は切らない眼瞼下垂とPRP再生医療を同時に行い、

クマも改善しています。こちらも人気の治療。

従来切開手術と長いダウンタイムとの戦いが必要だった若返り手術。

このようにおやすみの必要もなく、糸と注射のみで治療できる時代になりました。

目頭切開+切らない眼瞼下垂 術前

目頭切開+切らない眼瞼下垂+涙袋ヒアルロン酸 術前

目頭切開+切らない眼瞼下垂手術+涙袋ヒアルロン酸

目頭切開+切らない眼瞼下垂手術+涙袋ヒアルロン酸 術後

 

目頭切開を併用すると眼輪筋という目を閉じる筋肉を処理して弱くすることができるので

より黒目を大きくみせ、優しい表情にすることができます。

SNSの流行で、なんだかんだいって可愛い人がお得と

若い人は気づいてきているため、若い人に人気の治療です。

ganken-300x60

この方は他院で埋没手術をした人の修正例。

プチ整形のようにただ二重の幅を広くする手術をすると、

この方のように眠たいつかれた印象の目になります(いわゆる整形顔)。

メイクをして目を大きく見せる時代はおわり、

切らずに目を大きくすることができる時代がきたのです。

スライド1スライド2

メイクはコンプレックスを克服するためにおこなうのではなく、

美しい顔をもっと美しくするために使いましょう。

gankenkasui-240x300

この方は切開をして眼瞼下垂手術を行った症例。

切開をすると不自然になる、と思っている方も多いのですが、

ちゃんとした術者がちゃんとした手術をすると

切開をしてもただ美しくなるだけで不自然になることはありません。

image-11112800507-116808986621-300x176

この型は先天性眼瞼下垂で

大学病院で何度も切開手術をしたけれども改善しなかった例。

眉毛つり上げ術といって眉の筋肉と瞼板を糸でつなぎ、

眉を上げると目を開くことができるようにしました。

この手術も切らずにおこなえます。

image-11112224590-11682964803-300x170

術後の状態。

開けやすくなったと喜ばれました。

切る、切らないは関係ありません。

要は正しい術式を選ぶ必要があるということ。

眉毛を上から抑えると目を全く開けることができない人には

この手術の適応があります。
mayushita-before-300x196

眉下 アフター-300x172

この方は切らない眼瞼下垂手術をしてから眉毛下皮膚切除術を行いました。

この手術が現在僕が考える最も新しい手術。

一般の眼瞼下垂手術と違って目の上の

薄い皮膚は切り取らないで温存できるために

分厚い皮膚の一重まぶたの人がむりやり二重にした顔、

いわゆる整形顔にはなりません。

i

この型は色々な美容外科でカウンセリングを受けたけれども

何もする必要がない、と言われた方です。
u

黒目整形+涙袋ヒアルロン酸を行いました。手術中です。

黒目がちになり、目がキラキラと輝きだしたのがわかります。

目頭切開+黒目整形 術前

目頭切開+黒目整形 術前

目頭切開+黒目整形 術後

目頭切開+黒目整形 術後

 

目は口ほどにものを言う、と言います。

古今東西、人はまず目をみてお話しをするので

目は開く大きさと左右差、目と眉の間隔、二重の幅、

そして涙袋。

全てをこだわると本当にきれいな目が手に入ります。

スライド28

どこをどうしたらより美しくなれるかわからない人。

スライド27

お気軽にカウンセリングに来てくださいね。

あなたの個性を大切にしながら、より美しくする手術の

ご提案をいたします。

 

 

 

涙袋ヒアルロン酸

· 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda
涙袋ヒアルロン酸 注射前

涙袋ヒアルロン酸 注射前

注射後 (黒目整形、目頭切開も同時にしています)

注射後 (黒目整形、目頭切開も同時施術)

涙袋は、実は赤ちゃんの時はみんなあります。

よって赤ちゃんは笑うと可愛く、クマがある人はいないのです。

本能的に赤ちゃんを嫌う人はいないので涙袋がある人を

嫌う人はいません。

ただ、個人差はあるのですが年齢とともに脂肪が減っていき、

皮膚があまって下がり、クマができてきます。

スライド3

涙袋がない人は疲れて、きつく見られるのはそのためです。

スライド4

一時期ギャル系のメイクが流行っていた時には

涙袋にヒアルロン酸をたくさん入れて

目を大きく見せるのが流行りだったのですが、

黒目整形が生まれて、ナチュラルに目を大きくできるようになったので

当院では涙袋も自然に、すっぴんでも美しく見えるように入れる人が増えました。

コガオン文字付き
目は大きく、顔は小顔に、鼻はイリュージョン注射で目立たなく。

CLEVIEL_BA3
美しい人をさらに美しく。

そしてその美しさをずっとキープする。

DSC_0144
黒目整形と涙袋のヒアルロン酸注射は

そのためには必須の美容医療と思われます。

imgres

ただ、50歳を過ぎたあたりからは少しだけ余った皮膚を切除して

眼輪筋を引き上げた方がより美しくなりますので

カウンセリングにお気軽にお越しくださいね。

 

 

 

 

 

ほくろ除去手術

· 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda

ほくろ除去は直径3mm以下の小さなものは

この動画のようにレーザーできれいに治りますが、

3mmを超えてくると傷痕が目立つので手術の方がおすすめです。

t02200165_0800060010889229850

ただ、この方のように1cmを超えてくると皮弁形成による

手術が必要となってきます。

t02200165_0800060010889233766

デザイン等は場所によって変わります。

どのようにすれば最も美しく治るか?

t02200165_0800060010889233765

当院では形成外科認定医どうしで話し合いながら

決めていきます。

僕は手術の場合は少なくとも3種類以上の方法を考え、

最も良いと思われる方法を選ぶようにしています。

t02200161_0321023511082483283

3か月後。ほとんど目立たなくなり、喜ばれましたが、

時間がたつともっと目立たなくなりますよ。

ほくろ除去につき詳しくはこちらです。

 

ただ、何事も予防が大切。

ほくろは少しずつ大きくなっていくので

小さなうちにレーザーで除去するほうが良いと思います。

 

 

大阪皮膚科・形成外科

· NEW, 症例, 美容外科・美容皮膚科 / Cosmetics · No Comments · Yoshio Ikeda
  • DSC_0695_1

昨日は9月に新しく開院した大阪皮膚科・形成外科に手術に行きました。

1例モニターさんだったので黒目整形の最先端バージョンを行いました。

DSC_0141

手術前です。

加齢とともに目が開けづらくなり、

眉を使って目を開けるようになっています。

これが進行すると眼瞼下垂という病気になるため、

額にシワがある方は予防のために黒目整形を行う方が良いと言えます。

DSC_0142

術前デザイン。

参考として2カ所ずつ糸を埋め込む予定の場所にデザインします。

世界一細い針、エンジェニードルナノを使用して

全く腫れないようにしてまず挙筋短縮を行います。

DSC_0143

右目のみ黒目整形をおこなったところ。

黒目がちになり、若々しく、優しい目元になったのがわかります。

DSC_0144

切らないで挙筋短縮を行いながら、このようにブジーをあてて

鏡の前で患者様に理想の二重のラインを選んでもらっているのが

黒目整形の一番のポイント。

術後に希望のラインと違った、ということがないんです。

DSC_0145

手術直後。黒目がちで、きれいな目になりました。

腫れもほとんどありません。

20160926_eye_ba

前回ライブサージャリーを行った

他院で行った切開での眼瞼下垂手術後の

修正手術の結果です。

切開を行うと腫れるため、腫れが引くまで成功かどうかわかりません。

切らない手術を行うと腫れが少なく、

微妙な左右差を整えることができるのでより

美容的にこだわる手術ができるのです。

imgres

二重まぶたの手術は戻るから昔は切らないとダメ、と言われてきました。

いまほとんどの方が埋没法のみで二重手術を行っているのは

みなさんご存知の通り。

13835727_1134992139890529_1037445758_o

新しいパラダイムシフトが起こった眼瞼下垂手術もまったく一緒です。

眼科で切開での眼瞼下垂手術が必要といわれたかたも

14455959_876541919143757_1230458760_o

是非カウンセリングにお越しください。

この手術は東京皮膚科形成外科、大阪皮膚科形成外科、

品川イーストワン皮膚科クリニック、大阪いけだクリニック、

香川の前田整形外科・外科医院で行うことができます。

 

鼻尖縮小術

· NEW, 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda
鼻尖縮小術 Before

鼻尖縮小術 Before

鼻尖縮小術 術後5日

鼻尖縮小術 術後5日

僕自身は鼻の穴の形や左右差も気になる人間なので

細かく微調整しています。

 

鼻の先は年齢とともに大きくなっていきます。

(いわゆる団子鼻)

そして団子鼻になると鼻翼は横に広がっていきます。

(いわゆるあぐらをかいた鼻)

すなわち、美しい鼻とは若い鼻、ということになるのです。

image-10694455368-10839190561-300x78

美しい鼻は世界共通。鼻先が小さく、鼻翼が引き締まっているのが

特徴です。

鼻先は加齢とともに大きくなっていくので僕自身は

若い時に鼻先が大きい人だけは脂肪を除去して

鼻先形成をしておけば将来的に鼻先がもっと大きくなって

団子鼻になるのを防げますので鼻尖形成の手術だけは

「あり」の手術だと思っています。

DSC06340

 

写真のように切開をする方法、鼻の孔の中だけを切る方法、

イリュージョン注射で注射のみで鼻先を小さくする方法等、

当院開発の美容医療の進化でバリエーションも増えました。

 

DSC_0144_s

特に注射のみで鼻先と鼻翼を小さくする方法は

人気の治療をなっていますので、

次回その方法についてもアップしたいと思います。

 

 

アンチエイジング豊胸

· 学会活動, 症例 · No Comments · Yoshio Ikeda

日本アンチエイジング外科学会2日目は

アクアフィリングを使用したアンチエイジング豊胸についての

ライブサージャリーをおこないました。

DSC06432

アンチエイジング豊胸 Beforeです。

DSC06458

アクアフィリング注射直後。

両胸に100ccずつ注射するだけでこんなに美しくなりました。

DSC06435

豊胸術はとっても痛い!という口コミは多いと思いますが、

アクアフィリング豊胸は乳線の下に注射をするだけなので

術後もほぼ無痛。このモニターの方も術直後に痛みがないため

遊びに行かれたそうです。

DSC06436

モニターの方は授乳後、胸がしぼんでしまい毎日悲しい思いをされていたそうで

若い時に戻ったと、とても喜んでいただけました。

DSC06426

術前。

DSC06461

術直後。

「こんなに簡単なら早くやればよかった」

とのこと。
DSC06430

術前。

DSC06463

術直後。

唯一の欠点は感染ですが、アクアフィリングは生理食塩水で

洗い流すことができるのが特徴です。

DSC06437

時代はどんどん進化していきます。

注射で若い時の胸に戻したい方は

イーストワン皮膚科・形成外科  03-5479-3388

東京皮膚科・形成外科  03₋3545₋8000

大阪皮膚科・形成外科 06₋6228₋4810

大阪いけだクリニック 0725₋44₋4481

までお気軽にご相談ください。