上口唇短縮術

上口唇短縮術

上口唇短縮術

こんな方にお勧め

  • 鼻下の長さが気になる方

上口唇短縮術の施術内容

鼻下の長さが気になる方

鼻下の皮膚を切開して、鼻下を短くする施術です。鼻下が長いと、老けた印象を与えてしまいます。鼻下の余分な皮膚を切開することで、よりバランスのとれた口元になります。
皮膚を切開し、筋肉を縫合する際に、白唇部の外反を調整していきます。また、真皮縫合を丁寧にすることで、傷跡が広がりにくくなります。

何mm切開するかは、カウセリングで先生と相談して決めていただきます。同日に、口角挙上も施術される方が多いです。

上口唇短縮術の施術・手術当日の流れ

手術をご希望の方は、事前にカウンセリングを行い、手術内容を決めていただきます。
手術は、ご予約制となります。

 

1. 洗顔をしていただきます。
2. カウンセリングを行い、手術内容の確認を行います。
3. お会計
4. 手術 1時間30分程度で終了します。
・局所麻酔(35Gの極細針)で麻酔を使用してから手術を始めます。
・デザイン通りに上口唇短縮を切開します。
・鼻下の切開部位を縫合します。
・鼻下の形を確認していただきます。
5. 薬を渡しお帰りいただきます。
・翌日に消毒・1週間後に抜糸がありますので再度ご来院ください。

症例写真

  • 上唇小帯切除術1

    上口唇短縮術 ¥302,400

上口唇短縮術の手術のリスク・副作用について

  • 麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。
  • 腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークに腫れます。目立つほどの大きな腫れは1~2週間程度です。
  • 術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。
  • 内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。
  • 感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。
  • 抜糸までの間、鼻下を伸ばす表情はお控下さい。
  • 口唇部の違和感は、2~4週間程度かかります。
  • 手術直後は、つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善してきます。
  • 手術当日は、洗顔をお控え下さい。
  • 手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴はお控え下さい。
  • 手術後1週間(抜糸まで)は、鼻孔部位のお化粧はお控え下さい。
  • ケロイド体質の方は傷跡が残りやすい場合があります。

施術料金